gaYa広告

2013年09月13日

アルゼンチン当局は、月額US$50,000を稼いだティーンエージャーのハッカーを逮捕。

BBC Newsは、アルゼンチン警察は、国際通貨トランスファーをターゲットとしたハッカーの暴力団を率いてWebサイトで賭け事をしたことで告訴された19歳のティーンエージャーを逮捕したと報告した。

「スーパーハッカー(the superhacker)」とあだ名をつけられたティーンエイジャーは、ブエノスアイレス(Buenos Aires)の彼の寝室で働いて、月にUS$50,000を稼いでいた、と警察が言った。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

銀行口座は、technological caveとして開設していた。

逮捕オペレーションは、極秘データの削除を防ぐ、全近隣へのパワーを閉鎖した。

元犯罪の弁護士で、現在アルゼンチンの検事正であるグラシエラ・ギルス・カルボ(Graciela Gils Carbo)は、連邦警察に同じ人が送金とオンライン・ゲーム・サイトから盗んでいるそれらを発見し、調査を開始するために命令した。

警察は、ティーンエイジャーでそれら閉じるのに、捜査が一年掛かったと言った。

若者はブエノスアイレスで彼のコンピュータ専門家である父親と暮らしていた。

ティーンエイジャーの部屋で職員は、高容量コンピュータを見つけた。

申し立てによると、ハッカーは、何千ものゾンビ・コンピューターのネットワークを構築するためにマルウェア攻撃を使用した。
その後、それは不法に事実上跡を後に残さないアカウントから金銭を転換するために使用された。

警察オペレーション「Operation Zombie」は、2012年から始まり、首都および約300km(190マイル)の北の都市ロサリオ(Rosario)で5カ所の襲撃を含んでいた。

若者は3つの犯罪で告訴されており、もしすべてで有罪判決が下されれば、刑務所で懲役10年以上を宣告することができると言っている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。