on-the-time.jp

2013年09月14日

経済危機効果で、健全なイタリアの食事は苦しむ。

美容と医学の科学

BBC Newsは、イタリア人は、野菜と果物において豊富な地中海ダイエット()について長く賞賛された。

しかし、多数が金融危機がかみ切った一片の影響として、より安く、より少ない健康によい食品に変わっている、ということをBBCのエマ・ジェーン・カービー(Emma Jane Kirby.)が知ったと報告した。

ジョバンナ・アジ(Giovanna Azi)は、彼女のキッチン引き出しからへらをとり、ボウルのピザ生地の最後の頑強な部分をこすり落とす。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「数年前に。」彼女は微笑みます、「それはビンに入っていたでしょう。しかし、この日、私は、何も廃物にならないことを確かめます。」
増加する食品価格および低い賃金に直面した多くの若いイタリアのファミリーのように、アジのファミリーは経費削減をしなければならない。

彼女の電気技術者の夫の仕事が経済危機で最初に完全に乾き始めた時、それらは、予算を立て始めることをしており、食物が、始めるべき明白な場所のように見えたことを理解した。

ミラノで相当な塊のために4〜5ユーロかかるパンで、ジョバンナは、彼女が約80セントで彼女のものを作ることができると気づいた。

コールディレッティ(Coldiretti)、農民および農場経営者協会によれば、イタリアのパンの価格は、過去20年に419%以上上昇した。

「その後、私は、私たちおよび2人の息子のためのテイクアウト用のピザに私たちが恐らく1週当たり30ユーロ費やしていることを理解しました」とジョバンナが説明した。

「したがって、私は、家でピザをまた作り始めました。」
彼女は謝罪して付け加えて、私に暖かい1枚の新鮮に焼かれたマルゲリータ・ピザを渡した。
「もちろん、従来のマルゲリータは水牛モツァレラで作られます。しかし、水牛モツァレラは予算で我々向けではありません!」

マルゲリータ・ピザから、水牛モツァレラが消えた!偽物イタリアンを食べている人には判らないが、これは大事件です!!マルゲリータ・ピザから、水牛モツァレラが消えたら、マルゲリータ・ピザではなく、臭いも香りも消えたチーズ・ピザになってしまう。

彼女が毎週のパン用生地を練り始めるとともに、私たちは、焼けるまで、彼女の家族の食性が危機打撃以来どのように変わったかについて話した。

「私のボローニャのソースをとってください。」と彼女は言います。

「私はかつては500gの最も刻まれた牛肉でそれを作りました。今、私が200gを使用すれば、私たちは幸運です。私たちは非常により少ない肉を食べます。また、ほとんど、今高値のために魚だが、私は、私たちがまだ健康で食べることを確かめません。」
と言ってる。

「古い伝統を改造する。」ジョバンナは明らかに才能があり励起されたコックであった。しかし、すべての家族はそのような世話をしているとは限らない。

ミラノ中部の栄養学者フランチェスカ・ノーリ(Francesca Noli)は、彼女の同胞の安定した動きのことで健康な地中海ダイエットから遠ざかって心配している。

「2008年のイタリア人以来、非常により多くのパスタおよび非常により多くの米を食べることがあります。」と彼女がそのような安い炭水化物があなたを速く満たすことを説明して、

「しかし、ここの人々ははるかに少数の生野菜および鮮魚、および肉を食べています。また、彼らは、行う場合、貧弱な品質である割引食物を買います。」
彼女は首を揺さぶり、
「私は今心配します。しかし、私は将来は非常に心配します」と彼女が、言った。

今日、3人の若いイタリア人のうち1人は肥満です。また、約2000万人の成人のイタリア人が太り過ぎである。

肥満は国と栄養学者のより貧しい南においてより普及していると、フランチェスカ・ノーリは、安く、カロリーぎっしり詰まったファースト・フードおよびインスタントの食事のようなものを大部分は非難すると警告した。

都市の郊外のショッピング・モールでは、生き生きした名声テレビ・シェフのセルジオ・バルゼッティ(celebrity TV chef, Sergio Barzetti)は、トマトのような大量買いの季節の野菜によってお金を節約する方法そして、次に缶詰めをスターにあこがれる買物客に、それら、あるいは生産物が価格の中で急上昇する場合に、冬時間のためにそれらをソースにすること教えている。

買物客のうちの数人は、受領額までそれらのスーパーマーケットの後ろの彼の助言を下へ書きなぐる。

「野菜と果物の価格が普通の家族に非常に高価になったのは真実です」とColdirettiからのアルフレードGaetaniが言います。

「したがって、私たちは、今日ここで人々に示そうとしています。あなた自身が食物を準備すれば保健食を維持する方法がまだあります。」
と、彼は微笑む。

「野菜のこの種の保存がかつて、私たちの遺産、私たちのイタリアの文化の一部だったことを知っています。したがって、私たちは、危機であると言っていますが、私たちに古い伝統を改造させ、よりよく生きさせます。」と言っている。

家庭料理回復の要請は、イタリアでよく働いている。

コールディレッティによれば、イタリア人の3分の1は今、家でピザを作っている。
また、19%は自分のパンを作っている。

しかし、必ずしも誰もが勝利者だとは限らない。

CNAによって、小さく中間の職人ビジネスのためのイタリア協会は、首都ローマおよびその周辺の小さなベーカリーの10%は過去2年にわたって閉じた。

ミラノの彼らのサンドイッチおよびベーカリー店で、パン屋オレステ・モンタルト(Oreste Montalto)は、顧客と喜んで歓談する。
その一方で彼の妻サビナ(Sabina)は、カウンターのトレー上に数枚の新鮮に作られたピザを注意深く置いている。

どのように、いるわずかの顧客に、それは顕著であった。

「去年にわたって、私たちは40人の顧客、販売の50%を恐らく失いました」とオレステ・モンタルトはため息をついた。

「私は、ベーカリーがイタリアですたれるのではないかと心配します。私たちの将来は実際に全く暗い。また、私はこのビジネスで子供に会いたくありません。」

ジョバンナ・アジの家で夕食時間、彼女の若い2人の息子は、彼女が作った3つの異なるタイプのピザを要求して騒いでいる。

彼女はテーブルにパンかごを置く。
また、新鮮なパン焼きのおいしく慰めになる匂いは部屋を満たす。

「パンのうちのどれかが残されるなら、私はそれを砕き、任意の古い野菜あるいはリッソールを作るために冷蔵庫に私が見つける肉のビットでそれを油で揚げましょう。私は、今祖母が戦争の間に行ったことを正確に行っています。」と言っている。

彼女の年上の息子、3番目の1枚のピザを取ろうと手を伸ばし、「それは美味しいと」、彼は認める。
「しかし、私は、私たちがかつてはレストランで買ったテークアウトのピザを好みます。」と話した。。

しかし、イタリアは、昔から国家倒産をするなど、経済で苦しんでいるが、イタリア料理は、イギリス料理より美味しい。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト