gaYa広告

2013年09月13日

ノキアは中東で、サムソンの優勢なシェアを獲得。

Mobile World Liveは、ノキアはより安いLumiaモデルによって支援され、中東のスマートフォン市場占有率は、2桁まで、忍び込んだと報告した。

IDCによれば、地域のノキア・スマートフォン出荷は、2013年第1四半期9.7%のシェアから次の四半期11.8%まで(IDCはトルコを含んでいるが、その中東図の中でエジプトと北アフリカを除外している)に増加した。

特徴電話が含まれている場合、ノキアは2013年第2四半期45.2%のシェアを要求して、中東の携帯電話市場のブランドリーダーのままである。

サムソンは、全面的な携帯電話市場の18.3%のシェアで離れた別スポットを占領している。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

中東スマートフォン・セグメントでは、しかし、韓国のメーカーが支配的である。

ほとんど5〜1までにノキアより多く売って、サムソンは、そのポピュラーなGalaxy SIIIとSIII Mini modelsによって支えられて、2013年第2四半期に、その地域で売られたすべてのスマートフォンのほぼ半分を出荷した。

結合した2つのGalaxyモデルはアップルのiPhone 5より技量が上であり、さらにサムソンの新しいGalaxy S4旗艦より多く売れた。
それはSIIIの上によく値をつけられた。

消費者が次のiPhoneモデルの着手を待つとともに、前期比で、アップルの地域の全面的なスマートフォン・シェアは11.4%で、わずかに下がっていた。

IDCによれば、2012年に同じ地域と比較された時、スマートフォンは今、2013年第2四半期に16.4%アップのスマートフォンと共に、中東で5台の電話からほぼ2を占めた。

OSの点では、Androidは中東の全面的なスマートフォンの60%のシェアでリーダーのままであった。

しかし、IDCは、Googleを背部をつけたOSが他のオペレーティング・システムより進んで、もはやさらに移動していないと言った。

iPhone販売が上昇するとともに、競争は活気を帯び始めている。
また、ノキアは、そのLumia Windows Phone範囲を備えた角を曲がった。

「私たちがTizenとFirefoxの送受話器が次の数か月間地域市場に現われることを期待しているので、他の熱望する競争者がすぐに騒ぎを入力するでしょう」とIDC中東、アフリカおよびトルコでのモバイル・デバイスのための上級アナリストHamza Saleemが言った。

「しかし、スマートフォンを購入する場合、アプリケーションが支配的な要因になっているので、これらの新しいオペレーティング・システムはiStoreやPlay Storeのようなものと競争することができる生態系を開発しなければなりません。」
それが新興市場中で売られた入門レベル・スマートフォンの中にWindows Phone OSを入れるように押しの後ろのより多くの財力にしむけるので、マイクロソフトのノキア送受話器オペレーションの乗っ取りは、単に賭けに出るだろう、とIDCが主張した。

その間に、中国のベンダーはサムソンに対してより競争率が高くなり始めており、アンドロイド・デバイスのベンダー間の競争を増加させている。

IDC CEMAの携帯用ハンドセット用のプログラム・マネージャーであるサイモン・ベイカー(Simon Baker, programme manager for mobile handsets at IDC CEMA)は、
「先進国世界のスマートフォン市場が浸されるようになるとともに、それが高い可処分所得および最新のモバイル技術に対する渇望を持った国々を包含するとともに、中東は送受話器メーカーにとってより重要になっています。そのため、私たちは、ベンダーが領域のマーケティング活動を増加させて、かつ分配を拡張するのを見るつもりです。」と言っている。

低価格スマートフォンが重要になっていることから、アップルは、新製品を発表して株価が下がるという珍現象まで起こっている。

2013-09-12---アップル、新しいiPhone発表で株価暴落。
2013-09-03---マイクロソフトはノキアのデバイス&サービス事業を買収。
2013-03-31---ノキア、Lumiaスマートフォンはデジタル・マガジン購読サービス「Zinio」を独占。
2013-01-25---サムソン、アップル、ノキアのドッグ・ファイト!
2012-12-05---ノキアが、超低価格Windowsスマートホンを公開。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。