2013年09月14日

日本は「手頃な」宇宙船打ち上げロケット「イプシロン」を打ち上げた。

BBC Newsは、設計が使命をより手頃にすることを望んで、日本は宇宙船打ち上げロケットの新しい世代の1番目を始めたと報告した。

イプシロン(Epsilon)ロケットは、日本の宇宙船の前の世代より、およそ半分の価格サイズで、安全点検を行なうために人工知能を使用した。

日本の宇宙機関Jaxa(宇宙航空研究開発機構)は、イプシロンが、前任者のコストの半分US$3700万(£23m)かかったと言った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

イプシロンは013年09月14日14時00分(日本標準時)に日本の南西の内之浦宇宙空間観測所から発射した。

日本の群衆は発射を見るために集まった。
それもインターネット上で放送された。

それは、Jaxaによって惑星がその地球軌道からの金星、火星およびジュピターを含む、遠隔を観測する世界初の宇宙望遠鏡であるとみなされている望遠鏡を運んでいる。

Jaxaは、地球表面の約1,000km(620マイル)上にロケットが予定されるように、打上げ後約61分39秒にスプリント-A望遠鏡(Sprint-A telescope/惑星分光観測衛星/愛称;ひさき(HISAKI))を成功裡にリリースしたと言った。

「ひさき」という愛称の由来は、内之浦の地名である「火崎」(津代半島の先端部の岬)からで、内之浦で最初に朝日が当たる場所であり、内之浦の新しい夜明けの象徴でもある。内之浦の漁師が漁の安全を祈願する場所であり、内之浦を旅立つ船の安全な航行の象徴。突端であり、衛星形状のイメージとも合致した。また、観測対象が、太陽(ひ)の先(さき)でもある。

ロケット打上げ時の天候は曇り、東北東の風(8.1m/s)、気温27.2℃でした。

イプシロンの前任者(M-5)はコストを螺旋状になるために2006年に退かされた。

Jaxaは、イプシロンが生産するとより安いだけでなく、M-5より発射するのもより安いと言った。

その人工知能のために、初期の発射の150人と比較して、新しいロケットは発射地でわずか8人しか必要としない。

日本の他の最近の宇宙革新は国際宇宙ステーションに話すロボットを送ることを含んでいた。

米国、ロシア、中国のように体力任せで、無駄まみれのの宇宙開発は、もう古い。

内之浦宇宙空間観測所のGoogle Earthポインター情報
31°15'4.14"N,131° 4'34.05"E
または、
31.251150, 131.076125

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告