2013年09月13日

ミャンマーはオレンジとの協力会談進行中!

Mobile World Liveは、ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times)によれば、MPT(Myanmar Posts and Telecommunications/ミャンマー郵政省)は、オレンジを含む潜在的な外国のパートナーとの会談中であると報告した。

U Aung Maw常務取締役は、MPTが国家から離れて民営企業になり、計画として、パートナーを見つけることであると言った。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

「私たちは、今外国の巨人と合弁会社設立契約について議論する準備プロセスにいます。」と彼が言った。

外国のパートナーは、走るMPTの携帯電話ネットワーク、および今年の初めに許可された2つの参加者OoredooとTelenorと競争することで支援することになる。

U Aung Mawは名前によってオレンジを確認しなかったが、フランス、シンガポール、日本および他の西方の国々のオペレーターとMPTが話したと言った。

オレンジと日本の丸紅のコンソーシアムは、OoredooとTelenorに負けて、今年の初めにライセンスを目指すレースで3位に終わった。

オレンジの上級副社長ドミニク・エスピナセ(Orange senior vice president Dominique Espinasse)は、フランスのオペレーターがMPTとの協力上で政府との接触を持っていることをミャンマー・タイムズが確認した。

責務であるMPTは、GSMA Intelligence figures, Q2 2013 figuresによると、650万人の加入者を持つ単独の携帯電話会社である。

YTP(Yatanarpon Teleport Co)と呼ばれる別の実体は、さらに2人の新参者に加えて、モバイルのライセンスを保持している。

あんな小さな国に、4社もある。
東南アジアの国は、全体に乱立気味である。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。