2013年09月13日

アル-カイダのリーダーは、米国国内攻撃を要請。

AP通信は、2001年9月11日の攻撃の記念日を迎え、アル-カイダ(Al-Qaida)のリーダーは、アメリカの内部を打ち、かつアメリカを財政的に「出血させる」ためにそれらができるあらゆる機会を利用するようにイスラム教徒に要求したと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

攻撃の12周年記念から2日後にリリースされたオーディオ・メッセージで、アヤマン・アル-ザワハリ(Ayman al-Zawahri)は、アメリカが「架空の力」でなく、イスラム教の聖戦士ムジャヒディン(mujahedeen)が「それ自身の土に対する攻撃でそれを破ることができる。」と主張した。

彼は、次の打撃がいつ、どこに来るだろうかに関して「緊張の状態」でアメリカを去って、ニューヨークとワシントンでの9月11日の攻撃に似ていて、アル-カイダ戦士が小さな攻撃あるいは「大きなストライキ」を行なうべきであると言った。

独立してメッセージの確実性を確認することはできなかった。

それはアル-カイダによって、一般に使用される攻撃的なWebサイトにポストされたと報告している。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。