on-the-time.jp

2013年09月05日

マイクロソフトは、モトローラとの長いバッテリー特許の戦いで勝った.。

Cellular-Newsは、マイクロソフト(Microsoft)はモトローラ・モビリティ(Motorola Mobility)に対するその長い特許権侵害で別の勝利を勝ち取ッたと報告した。

特許がそのXBoxゲームの中で使用したとしても、マイクロソフトは議論して慰め、公平な用語上で許可されたFRANDとして知られていた。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ビデオ技術をカバーする特許はモトローラによって本質的な標準として宣言された。
その後、それは、合理的な用語上でそれらを許可することに合意することをそれらに要求した。

初期の訴訟で、今はGoogleによって所有されたモトローラは損害賠償金でUS$数10億で訴えたが、その事件で負けた。

裁判官はそれを支持し、特許は侵害されたが、相当にモトローラのUS$40億の要求未満だったUS$180万の特許権使用料を与えた。

マイクロソフトは、その後、一部分ヨーロッパで販売禁止を回避することが講じた処置のために、補償を求めて、反訴された。

「これは、手頃な製品および仕事をよくともに望む人すべてのための画期的な勝利です。」とマイクロソフトが声明で言った。

モトローラは、それが訴えを考慮していると言った。

あちらでサムソンとアップルが戦争し、こちらでマイクロソフトとGoogleが戦争している。
しかし、あまり交差はしない。

サムソンとマイクロソフト、アップルとGoogle、アップルとマイクロソフト、サムソンとGoogleはどうなっているのだろう?

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告