on-the-time.jp

2012年07月18日

ハンガリー政府が、ナチ容疑者で動いた。

BBC Newsは、ホロコーストとしてユダヤ人の追放に参加した疑いをかけられた97歳のハンガリーに住む男性ラスロ・クシジシク-クサタリー(Laszlo Csizsik-Csatary/László Csizsik-Csatáry)は水曜日に保護され、尋問し、戦争犯罪で起訴した、とハンガリーの検察官が言ったと報告した。

ラスロ・クシジシク-クサタリーの事件は2011年に、ナチを探すサイモン・ヴィーゼンタール・センター(The Nazi-hunting Simon Wiesenthal Center)によってハンガリー政府当局の目に留まった。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

ハンガリーの検察官は、終身刑の最大の文を運ぶ戦争犯罪とされる「人間の不法の拷問(unlawful torture of human beings)」として、ラスロ・クシジシク-クサタリーに課すことを決定した。

彼らは、彼が自宅監禁および没収されたパスポートの下で保持されるのを望んだ。

ブダペストの代理首席検事ティボール・イボルヤ(Tibor Ibolya)は、彼が命令に従っており義務を実行していた、と言って、ラスロ・クシジシク-クサタリーが権威への彼のホロコースト時代活動について詳しく述べたと言った。

ティボール・イボルヤは、ラスロ・クシジシク-クサタリーについて、「容疑者は犯罪を犯したことを否定した。」と付け加えた。
「ある宗教で、彼の人仲間のうちの数人に対する姿勢は正常で、私たちが考慮するものは、普通でありません。」と言っている。

ラスロ・クシジシク-クサタリーが逃亡するかもしれないと心配したので、検察官は早朝の一掃で彼を拘留した。

彼は過去数か月で、少なくとも2カ所のブダペスト・アパートで生活していた。

ティボール・イボルヤは、
「私たちは彼が今まで接続をしていなかったアドレスから夜明けにCsataryを保護しました」と言っている。
「彼は調査者と協力しました。」

ラスロ・クシジシク-クサタリーの弁護士ガボール・ホルバートB(Gabor Horvath B.)、彼が悩まされることに飽きていたので、ラスロ・クシジシク-クサタリーが新しい場所に移動したと言った。

月曜日に約40人が、ラスロ・クシジシク-クサタリーのうわさされた家のうちの1つの外側で抗議を保持した。
しかし、彼はどこにも見ることができなかった。

2012-07-16---最後の「ナチの犯罪者」をブダペストで発見か?

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。