on-the-time.jp

2013年07月18日

宇宙船は、太陽で巨大な「穴」を見つけた。

Fox Newsは2013年07月29日に、太陽を目的とした宇宙望遠鏡は、太陽大気の巨大な穴を見つけた。
宇宙へ太陽のマテリアルとガスを噴出して、私たちの最も接近している星の4分の1をほとんどカバーするダークスポットであると報告した。

太陽の北極上のいわゆるコロナの穴は2013年07月13日から18日の間に見えて、SOHO(Solar and Heliospheric Observatory/太陽観測宇宙天文台)によって観察された。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

NASAは、太陽活動に囲まれた広大なダークスポットとして地域を示して、SOHO宇宙船に見られるような太陽穴のビデオをリリースした。

コロナの穴は、太陽のマテリアルをほとんど含んでいない太陽の大気(すなわちコロナ)のより暗く、より涼しい領域になる。

これらのギャップで磁界ラインは、太陽の表面へループすることではなく太陽風へ外に撹拌した。

NASAからの記述に従って、それらが太陽の大気から、どこか他のところに解放されたより遅い風より約3倍速く流れる太陽粒子を送るので、コロナの穴は宇宙の天候に影響する場合がある。

メリーランド州グリーンベルトのゴダード宇宙飛行センターのカレン・フォックス(aren Fox at the agency's Goddard Space Flight Center in Greenbelt, Md.)は、「それが不明瞭な間、コロナの穴を引き起こすもの、それらはそれらが他のところに行うように、表面へ後ろに下へループせずに、磁界が急上昇する太陽上で、および遠方にエリアへ相互に関連します。」とNASAの機関のイメージ記述で説明された。

これらの穴は珍しくはない。
しかし、太陽活動を備えたそれらの周波数変動は循環する。

太陽は現在、太陽活動極大期として知られている活動中の11年のピークに達している。

このピークの時間のまわりで、太陽の柱はそれらの磁気を切り替える。

コロナの穴の数はスイッチにつながって、典型的には減少する。

逆転の後、新しいコロナの穴が柱の近くで現われる。

NASAによれば、その後、太陽は再び太陽活動極小期に接近するが、穴はサイズと数の両方を増して、赤道に接近して徐行する。

NASAとESA(European Space Agency/欧州宇宙機関)の間の共同のミッションとして、US$12億7000万のSOHO衛星は1995年に打ち上げられた。

それは、地球と、私たちの惑星から約932,000マイルである太陽の間の重力で安定したスポットラグランジュ・ポイント1(Lagrange Point 1)に関する軌道からの太陽活動を観測している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告