2013年07月30日

フロリダ・ガス工場、爆発!

BBC Newsは、米国のフロリダ州で起こったガス工場の一連の爆発によって、少なくとも7人が負傷したと職員が伝えたと報告した。

屋根を吹き飛ばして、爆発が23:00ごろ(03:00 GMT)に始まった時、彼らはタベアズ(Tavares)の町でブルー・リノ・プロパン・プラント(Blue Rhino propane plant)で働いていた。

その爆発は約1時間継続し、大規模な火を引き起こした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

最初の爆発の原因はまだ判っていない。

無傷で、他に2人がどうにか逃げた一方、15人の労働者が最初に未釈明だった後に安全なのが見つかった。

レーク郡保安官のオフィス(Lake County Sheriff's Office)のスポークスマンであるジョン・ハレル(John Harrell)は、それらのマネージャーと緊急隊から連絡を受け、爆発が始まっていた時、行方不明の労働者が単に「分散していた」と言った。

火事が阻止されており、それらにとっての差し迫った危険はなかった、と緊急隊が信じたとハレルは言ったが、プラントの0.5マイル(0.8km)以内に暮らしている人々が撤退させられた。

職員は爆発の原因を調査している。

その時にプラントに概算53,000のボンベがあった。

前の工場責任者ドン・イングラム(Don Ingram)は、ブルー・リノがホーム・バーベキューに使用されたプロパン・ボンベを取り入れてそれらを清潔にし、彼らのバルブをチェックし、次にそれらに再補充したとWESH-テレビに伝えた。

約4,000〜5,000のボンベが各夜補充されガソリン・スタンドの後ろにプラスチック・パレット4か5上で高く積み重ねられた、とイングラムが付け加えた。

タベアズ(Tavares)のGoogle Earthポインター情報
28°48'14.97"N,81°43'32.28"W
または、
28.804158, -81.725633

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト