2013年07月18日

アップルの次のCEOになる方法。

ジョン・マテラーロ(John Martellaro)はMacObserverで、回教律法学者Nasrudinの言葉「判断は経験から来ます。経験は悪い判断から来ます。(Judgment comes from experience. Experience comes from bad judgment.)」を紹介し、ティム・クック(Tim Cook)は、前もってアップルのCEOを、いつかで辞職する準備ができていると報告した。

しかし、ジョン・マテラーロは前もって、次のアップルのCEOを選ぶ過程に関して考えていると言った。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

確かに、スティーブ・ジョブスから政権移行されて、たった1年で、アップルの先行きを暗くした。
それは、まるで小泉総理から、安倍晋三が政権移行したときのように、もろかった。

アップルで、誰がスティーブ・ジョブス(Steve Jobs)に代わるだろうかに関するある議論があった時、多くの異なる名前が言及された。

それらの候補名に関してジョン・マテラーロを打ったことは、ほとんどが、実行のキャリアパス上にいなかったということであった。

確かに、彼らは頭がよく、才能があり、遂行された人々であった。
しかし、それらのキャリアパスと、実行の経験が十分ではなかったので、それらは、アップルのリーダーシップを仮定するために信任状を持っていなかった。

ビジネス、軍または政府で、実行の位置の仮定は、通常アップルを含む会社に関して、日常の会話で強調されないいくつかの法則に基づいている。

それらは、キャリアパスは教育、経験およびトレーニングに基づいた実行の位置に適応させた。
配置、のために、また以前に実証されたリーダーシップ。次にコマンドでの費やされた時間。より小さな会社での成功した経験。

思い出すと、私たちは、誰が恐らくVPの1人スティーブ・ジョブスを継いでもよいかに関して考えていた時、ジョン・マテラーロが引用することで好きだった例のうちの1つは、原子力潜水艦に搭載された優れた若い海軍士官のそれであった。

数年間の光り輝く技術系の後、ある日、危機が起こる。
また、彼は経験とトレーニングによって船を保持する。

彼は、多くの勲章を得るかもしれないし、与えられるかもしれない。
しかし、彼は別の潜水艦のキャプテンにはなれない。

彼はそのためのキャリアパス上にいず、コマンド決定を備えた経験を持っておらず、他の船でXO(executive officer/執行役員)を務めたことがない。

キャリアパス中の優越性は、通常管理あるいは技術的な仕事のいずれかに対する情熱から来る。

現在、歴史上の理由で、アメリカで、2つの小さく混じることがあった。

それは、必ずしもそれほど過去ではなかった。

数十年前に、有名な科学者およびエンジニアは、経営管理職まで出世し、采配を振った。

それは、より小さい経営陣を嫉妬深くした。

しかし、実際のける人は、多くの研究主幹がぐいと引くことで、リーダーシップ技術を持っていなかったということでした。

しかし、本当のキッカーは、多くの上級科学者がジャークで、リーダーシップ・スキルを持たなかったということであった。

ジョン・マテラーロは、致命的なUS$1億の誤りを犯したIBMの役員に関して、数年前に有名な物語を思い出した。

彼は解雇しているつもりのCEOルイス・ガースナー(Louis Gerstner)のオフィスへ呼ばれた。
しかし、彼は、その種の重大な職務経験を得た、惑星上でただ一人の役員だったからではなかった。

彼は経験からゲルストナーのオフィスを去り、賢明な人を残した。

ジョン・マテラーロが好きな別の例はニール・アームストロング(Neil Armstrong)の経歴であった。

出来事なしでではなく航空母艦から飛ぶネイビー・ジェットパイロットとして、朝鮮戦争中に始められたアームストロングの経歴は、その後、彼をテスト・パイロットにした。

USCおよびトップの健康状態の大学院と共に一流のテスト・パイロットであることは、彼に宇宙飛行士の位置をもたらしまた。

最後の2日とともにアゲナ目標車両(Agena target vehicle)でうまく軌道の非常事態を取り扱って、月面着陸探索機(Lunar Landing Research Vehicle)からの救命放出は、価値ある経験を提供した。

死に瀕した3つの主要な経験を持って、アポロ11を指名することになったとき、ニール・アームストロングの才能と経験より良いパイロットが他にいなかった。

よく物語を伝えることは退屈な詳細を省き、アクションをうまくやって行くことを意味する。

そのため、非常に多くの刺激的な軍事、医学、SFおよび法的なドラマが、挑戦に直面するのに準備ができていて、物語をまぶしくして、主役が適所で演じる。

時々、物語のために、命令によって魅力的なヒロインを示すために、映画の台本著者には、コマンド飛行経験を持った美しいブロンドのヒロインがいる。
25歳で、主なプロジェクトを実行する準備ができている物理学博士でどこからともなく現われる。

もちろん、それは実生活の中で起こらない。

あるいは非常に例外的で、それは、アピールする物語に向かう。

さらに、それは、よい私たちの想像力を捕うことができる。

即時の壮大な成功についての物語を効果的な考えは、その場所を持っている。
しかし、実際の世界では、試行錯誤、成功および失敗、経歴と家族の選択の長い期間がある。

これらは映画の中で示すためにまた穿っている。
しかし、それらは実生活キャリアを築く部分である。

不運にも、とる人々、あるいは取り分、よく物語を伝えることへの譲歩としてではなく、標準として、映画への希望がそこにはある。

それは軍事、政府、あるいはビジネスで、実行のリーダーシップで主要な要素は次にコマンドで費やされた時間になる。

その上記の海中の例を呼んで、彼が推奨される場合、キャプテンからの学習が彼自身の潜水艦のコマンドを引き継ぐ数年を過ごすのはXOになる。

ビジネスと政府では、代理人は一般にいつか指導的役割を仮定するように用意を整えた代理人になる。

最高レベルの政治で、しばしば妨げることができる。しかし、総則は、立場を加えて、中へ時々その会および意思決定環境で費やされた時間になる。
その一方でCEOは休暇上で、あるいは旅行で、正しい種類の実行のトレーニングになる。

さらに、その代理人がさらにより小さな会社か、作用のチャージで時間を過ごした時、それは助けになり、上る時間であるまで代理として耐えるようにその経験にしむけることができる。

スティーブ・ジョブスが病気で、休暇をとっているとき、そして、その前にさえ、スティーブ・ジョブスが、彼の代役を務めたティム・クックを選んだ。

それは重要な外部のサインであった、しかし、多数が、それを無視することに決め、また実際に信じられないほどに示唆され、後継者の有望な選択としてのスコット・フォルスタル(Scott Forstall)を提案した。

したがって、オブザーバーとして、私たちは、ティム・クックが誰に依存するか気をつけているべきである。

誰が彼とステージに現われるか。

彼は誰と見られるか。

誰が、いつ引き継ぐか、ティム・クックはハワイにその待ちに待った3週間の休暇をしている。

または、とんでもない、彼自身の病気療養休暇をとって、彼の代わりをする誰かを指名しなければならない。

実行のリーダーシップでのキャリアパスは長く骨の折れるプロセスである。

誤りは、有望に犯され続け学習され、より小さな段階で軽減されていない災害は沖合にない。

私たち、オブザーバーと技術的な人々として、私たちの前で最も才能があり、最も技術的な人々を賞賛する傾向がある。そして、大企業で本当に、彼らが走る資格を与えられることを仮定する。

しばしば、我々が若干の顕著なスタートアップで発見して、彼らは速くリーグの外にいる。

誰でも会社を設立し、US$100万年間収益で、恐らくUS$1000万ドルさえ、それを運転することができる。

しかし、US$1億ドルの会社を運営するスキル・セットが全く異なることは有名である。

また、会社が収入で、$100億に成長する場合、$10億範囲の中でよく資格を与えられる幹部は必ずしもそれを作るとは限らない。

アップルはそれより大きな桁を越える。

今日、そのような指導的役割を仮定するためにアップルのDNA、気質およびキャリアパス開発を所有する人々は、まだまったく、ほとんどいない。

そのために10年間程度かかるかもしれない。
また、別の企業あるいはアップルの内部から上昇する中で、トップへ上昇し、かつ時間が正しい場合、正しい種類の経験および信任状で出現する誰かがいるかもしれない。

私たちには、それがそうかもしれない微光が今ちょうどいないが、その引用された表れを待っている。

そのうちに、私たちは彼あるいは彼女の名前を知ることになるだろう。

そう言えば、ソフトバンクの孫正義の後継者問題も、噂になっているが、自分こそが後継者と言い触れているものまで登場していると聞くが〜〜〜どうなのだろう。

2011-08-24---アップルのスティーブ・ジョブスが辞任を表明。
2011-04-04---ソフトバンク孫正義社長が役員報酬100億円、震災遺児支援に寄付。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告