2013年07月18日

伝説のロック歌手ティナ・ターナーがスイスで、長年の色男と結婚。

AP通信は、伝説のロック歌手ティナ・ターナー(Tina Turner)がスイスの民事婚として、彼女の長年のドイツの色男アーウィン・バッハ(longtime German beau, Erwin Bach)と結婚した、と地方の市長が木曜日に言ったと報告した。

73歳の歌手は、57歳の音楽幹部バッハと彼女の裕福なチューリッヒ・エリア・コミュニティー登記所で結婚した、とティナ・ターナーが湖畔城を所有しているクスナハト(Kuesnacht)の市長マーカス・エルンスト(Markus Ernst)が言った。

エルンストは、カップルの関係は1980年代に始まったが、数週間の6月後半から7月前半の間に登記所で、典型的な民事婚をしたとAP通信社に伝えた。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

市長は町建物の外側の構築からの雑音以外、それをルーチンと評した。

「それは、ちょうど誰か他の人のように、実際に、完全に正常でした」と彼が言った。

「この日曜は結婚祝賀です。それらがするのは個人の祝賀です。また、誰でも、それが彼らの家にいると言います。また、最も恐らく、それはそうするでしょう。」

隣人として、それは「ロックの女王」が住んでいると言うことだろう。

「もちろん、彼女は最も恐らく私たちのコミュニティーの最もよく知られている住民です。」とエルンストが言った。

8回のグラミー賞受賞者をスイスで、有名人への分別を楽しむ人と評した。

「彼女は実際に正常な住民です」と彼が言った。

「レストランで彼女に会うことができます。誰か他の人のように彼女に会うことができます。」

彼女の初婚は彼女の旧音楽の才能を見抜いたパートナーであったアイク・ターナー(Ike Turner)であった。
そして、彼女はその人と離婚して、自叙伝中で有名に書き、映画化された。

ほぼ20年間チューリヒ湖に沿った彼女の城アルゴンキン(Chateau Algonquin along Lake Zurich)に住んでいた後、テネシー州ネッチブッシュのアンナ・メイ・ブロック(Anna Mae Bullock in Nutbush, Tennessee)で生まれたターナーは今年の初めにスイスの市民になった。

彼女の口汚い最初の夫を残した後に、ターナーは、彼女のアルバム「プライベート・ダンサー(Private Dancer)」のための熱心に周遊の単独の演奏者として最もよく知られているようになり、「What's Love Got To Do With It?」がヒットした。

スイスの新聞Schweiz am Sonntagは、ポップスターのデビッド・ボウイ(David Bowie)とシャーデー(Sade)およびトークショー座元オプラ・ウィンフリー(talk show impresario Oprah Winfrey)が城で個人の式のために招待され、チューリッヒの最も素晴らしい高級ホテルのうちのいくつかで週末居を構えている120人を超えるゲストの一人であると報告した。

小さなコンサート・ステージが庭でセット・アップされていたと日曜版the Sundayは言った。
また、ターナーとバッハは、任意の騒々しい妨害について前もって謝罪するために隣人に手紙を書いた。

クスナハト(Küsnacht)のGoogle Earthポインター情報
47°19'10.75"N,8°35'8.15"E
または、
47.319653, 8.585597

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。