gaYa広告

2013年07月18日

オーストラリアの会社は「サメに攻撃されない」ウェットスーツを開発。

BBC Newsは、大学研究計画に支持されたオーストラリアの2人のビジネスマンが、最初のシャーク・リペルント・ウェットスーツ(shark-repellent wetsuits)で「サメに攻撃されない」と主張する製品の発売を始めたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

それは、サメが捕獲を見る方法についての研究を利用することより、サメにそれほど見えない青と白でスーツを作ると回避できると、言われている。

別のデザインは、サーファーを食べることが好適ではないという合図として、黒と白い縞を持っている。

このプロジェクトは、西オーストラリアでサメ攻撃の急増に続いた。

サメはオーストラリアの水域において一般的だが、決定的攻撃はまれである。
平均では、1年で1人がサメによって殺されている。

しかし、その年2012年7月までに、5人が襲われ殺された。

それでも、交通事故死の方が多い。

デザイナーは、水の中でダイバーか潜水者を装い隠すことができる製品を考え出すために、サメの光と色覚障害の認識に対する新しい科学的な洞察力を使用したと言った。

起業家のうちの1人クレイグ・アンダーソン(Craig Anderson)、エルデ(Elude)スーツがサメの視覚体系のために「混乱」を生んだとAFP通信社に伝えた。

西オーストラリア大学研究者ショーン・コリン(University of Western Australia researcher, Shaun Collin)は、白黒の設計がサメをサーファーから遠ざけて保護するだろうと言った。

「多くの動物が、潜在的な捕獲が食べるのに安全でないことを示す縞模様によって撃退されます。」

西オーストラリアの政府は、州の海岸沖のダミーでイタチザメを備えたテストに資金提供した。

イタチザメは、縞模様ウェットスーツを着用しているダミーを過ぎて泳ぎ、伝統的な黒いウェットスーツを¥着ている人々が攻撃されたと観察された。

夏が南半球で始まる時、一層の試験はオーストラリアと南アフリカ南部で行われる。

クレイグ・アンダーソンは、サメを撃退する技術の「本質的」な要求が世界中にあると言った。

「今世界中で水に入ることに不安な皆のために、誰もが解決を捜しています。」と彼は付け加えた。

2013-07-15---サメは、インド洋海岸の近くで、少女を殺した。
2013-05-02---南アフリカのホホジロザメからのネット保護実験。
2013-03-11---資源保護団体は、サメ貿易の規制を票決。
2013-03-01---サメは毎年、1億匹殺される。
2012-09-01---漁師は、アイレーからサメ攻撃を回避。
2012-01-18---シドニー郊外で2週間で2度目のサメ攻撃で、44歳のサーファー重傷!
2011-10-22---オーストラリアでホホジロザメが、米国人ダイバーを殺した。
2011-06-07---鮫避け「釣り針」の開発。
2010-12-06---エジプトの紅海でサメに襲われた事件、本格捜査開始!
2007-05-23---鮫は、マリアのように「処女」で妊娠した!
2006-12-01---ニュージーランドがホオジロザメの狩猟を禁止!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。