2013年07月18日

福島原子力発電所の原子炉建屋で蒸気が発生!

BBC Newsは、東京電力は福島原子力発電所で原子炉建屋から上昇する蒸気を確認したと言ったと報告した。

東京電力(Tepco)は、緊急事態ではなく、そのエリアに増加した放射線のサインがなかった、と言った。

それは、何が蒸気を引き起こしているか調査していると言い、つの原子炉建屋は破損していないと言っている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2011年の地震および津波によって駄目にされたプラントは一連の水漏れおよび停電をした。

津波は、リアクターへの冷却装置を打ち、それらのうちの3機は下へ溶けた。

水はそれらを冷やすためにリアクターに送り込まれていた。
しかし、それは汚染廃水を格納する問題を東京電力に託した。

労働者は、建物に得られたカメラ映画フィルムを調査した後に、最初に蒸気に気づいた、と東京電力が言った。

東京電力はステートメントで、5床[設備記憶プール側]の中央部の近くの大気によって「蒸気のようなガス」が漂っていたと言い、3つの原子炉建屋ではないと言っている。

リアクター水噴射および使用済み燃料プールを冷却は「安定して継続していた」、とT東京電力が言った。

リアクターの温度に重要な変更はさらになかった。

「私たちはステータスを緊密にモニターし続けるでしょう」とそのステートメントが付け加えた。

「私たちは、何がこれを引き起こしたか私たちはまだ調査しているが、緊急事態が発生していると考えていない。」とスポークスマンがAFPの通信社に伝えた。

もう一人の東京電力スポークスマン吉田マユミ(Mayumi Yoshida)はロイターの通信社に、
「私たちは、雨が原子炉建屋によって前進したことはありえると思います。また、格納容器(それは熱い)に降りかかったことは作成する蒸気を蒸発させます。」

これは、福島発電所が最近の数か月に直面した一連の問題において最新であった。

先週、放射性セシウム中の急増は海から25m(82フィート)の地下水で検知された。

6月に、放射能に汚染された水が、貯蔵タンクから漏れていると分かった。

エキスパートは、完全にプラントの問題を含むことができる前に、数年間の仕事が前方に位置すると言った。

数年間は、解決できないと言うことは、放射能は漏れ続けると言うことだろうか?!

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告