2013年07月18日

航空券の差別化!

BBC Newsは、航空券用の新しい予約するシステムは、何人か、乗客が国籍、年齢あるいは人種により、差別化されるのを見るかもしれない、とMEPが主張したと報告した。

航空会社は、機内映画およびより広い座席のような価格比較サイトを通じてチケットを記入する乗客に、より多くのオプションを提示したい。

そのときは、もし顧客が航空会社自身のサイトへ行かなければ、選択はほとんどビジネスまたはエコノミークラスに制限されている。

しかし、計画は、データ保護に対する懸念および「プロファイリング」を投げかけた。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

現在実験されているNDC(New Distribution Capability/新しいディストリビューション能力)が導入される場合、顧客はまだチケットに無名で買い物をすることができる。

しかし、さらに、それらは、国籍のような航空会社に個人の詳細情報を与えるオプションを持つことができれば、年齢、配偶関係、経歴を旅行する、買い物をする履歴、以前にサービス、頻繁な飛ぶもの参加および旅行がビジネスまたは余暇のために意図され、購入できるようになる。

IATA(International Air Transport Association/国際航空運送協会)は、それらの顧客にこれらの情報によって航空会社が「アマゾン・スタイル」の買い物をする経験を提示することができるだろうと言い、「ちょうどあなたのために個別化されて、含んでいること」で料金は提示される。

しかし、労働党MEPクロード・モラエス(Claude Moraes)は、何人かの乗客が、それらがいつそれを記入したか、それらがファーストクラスにあるかについてではなく、彼らが誰かに基づいた同じ飛行の代価を結局もっと払うことができたと言った。

「精巧なモデルは決定するために使用されて、何、国籍、エスニシティーおよび消費性向に基づいて課されるべきです。」
「それはラインを横断します」と彼がBBCニュースのWebサイトに伝えた。

航空会社はそれらのレースを顧客に求めない。
しかし、モラエスは、それらが差別に潜在的に門戸を開いて、提供される他の情報からそれを動かすことができるだろうと主張した。

「あなたが白人で、高度にありそうもなく、ナイジェリアのパスポートを運ぶ場合です。」と彼はBBCニュースのWebサイトに伝えた。

ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)、ルフトハンザ(Lufthansa)、エール・フランス-KL(Air-France-KL)およびアメリカン航空(American Airlines)を含む400を超える航空会社を代表するIATAは、「プロファイリング」に対する懸念が全く根拠がないと言った。

IATAのコーポレート・コミュニケーションのヘッドであるペリー・フリント(Perry Flint, IATA's head of corporate communications)は、
「NDCの中の何も法的な責任航空会社を変更しません。また、旅行代理店は、消費者の権利を保護しなければなりません。」
「消費者情報は扱われないでしょう、どれでも、それとは異なって今日あります。」
「NDCベースの環境では、消費者は、匿名のままであるべきか、それらが個人情報を入力するかどうか自由に決めることができます。また、それらが後のものを選ぶ場合、それらが提供する。」と言っている。

欧州委員会のアーティックル29特別調査委員会のデータ保護監視(The European Commission's data protection watchdog, the Article 29 Working Party)は、NDCを調査している。

4月のIATAへの手紙では、NDCプロジェクトを「多くのプライバシーと人権の懸念を投げかけ、その中で、特別、個人のプロファイリングと関係するもの。」と言った。

公正のための、基本的権利および市民権の欧州委員会委員のビビアンヌ・レーディング(Viviane Reding, European Commissioner for Justice, Fundamental Rights and Citizenship)は忠告している。さらにNDC裁判および委員会の可動性のための副社長をモニターしている。
また、輸送と移動の委員会副委員長シーム・カッラス(Commission's vice-president for mobility and transport, Siim Kallas)は、IATAに対して懸念を投げかけた。

モラエス氏および他のMEPのグループに手紙で先月、すぐにビビアンヌ・レーディングは、
「私は、異なるチケットの売値、提供する単純な理由で、世界中の航空会社および旅行代理店によって処理された個人情報の量が比例しているべきであるということで、懸念を共有します。」

彼女は、「明白に」顧客がそれらのデータが定価に慣れているべき同意を与えなければならず、これが「本来(例えば、国籍と一緒の名前は人種か種族的出身を明らかにするかもしれないので、敏感なデータはといえば特に適切だった。」と、言った。

つまり、顧客情報を細分化し、管理することで、ホテルのサービスのように個人個人にフィットしたサービスが提供できる。
こう言うとまともだが、その個人情報を他でも利用できるようになると言うことであり、一気に危険性が増大する。

例えば、同じデータをホテルやレストラン、観光地などでも欲しがり、また別のデータを集め売り始めることだろう。
旅先の自由は、ほとんど無くなることだろう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告