2013年07月18日

サイバー攻撃が爆発するとともに、銀行は戦いに備えている。

AP通信は2013年07月16日に、大きな、そして小さな銀行は、もしハッカーがそれらに対して強力で、組織的攻撃を解放すれば、それらはどのようになるか今週の精巧なドリルに備えているテストすると報告した。

その練習は2013年07月18日に始まり、「Quantum Dawn 2」と呼ばれている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

また、さらに、名前がビデオゲームのように聞こえる場合、それは脅威の重要性を伝えることが目的である。

銀行業上のサイバーアタックは、より頻繁で、精巧になっている。
また、攻撃者のリストは常に次のように変更している。

お金を望む犯罪ボス、政治声明をしたい「hacktivists」、米国企業をスパイすることを望む外国の政府。

産業に対する成功して広範囲の攻撃は、金融界に対する確信をぐらつかせている。
また、可能性にはいらいらしている銀行と監査機関がある。

米国で最大手銀行JPモーガン・チェイスのCEOジェイミー・ディモン(Jamie Dimon, CEO of the country's biggest bank, JPMorgan Chase)は、それが攻撃すると認めた。もはや人々のパソコンを徴用する「かなり極度に単純化した」ハッカーによって実行されずに、より複雑で、より危険になっている。

彼は、この春にリポーターと呼び出し、「今、国家に認可された、何百ものプログラマについてと話しています。」「PCだけでなく、サーバーおよびメインフレームを引き継ぐ。」と言った。

JPモーガン、バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)、シティグループ(Citigroup)およびウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo)のような仲間は、木曜のドリルの手続きをした。

それは、ウォールストリート(Wall Street)で最も大きな業界団体SIFMA(Securities Industry and Financial Markets Association/証券業界および金融市場協会)によって組織されている。

約50の銀行および組織が、財務省、国土安全保障省(Department of Homeland Security)、証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)およびFBIのような政府系機関を含めて参加する。

ドリル中に、銀行員は正常なオフィスに配置され、侵害するハッカー攻撃を示すことができる情報のビットを備えたその日の間中、爆破される。

それらは、不正取引のためのシミュレートされた証券取引所をモニターし、何が進むか、取締人との情報および互いを共有する間に反応する方法か考えるために押される。

名前が示唆するように、これは最初の「Quantum Dawn」ではない。

オリジナルのドリルは2011年11月に行われた。
また、それは不十分な注意およびおよそ半分の同数の参加者だけを引きつけた。

しかし、大銀行は、あまりにも多くの呼び出しを備えた電話線の圧倒と同種に、攻撃者がトラフィックでそれらを砲撃した後、一時的に彼らのWebサイトをシャット・ダウンすることを強いられた時、それは昨秋サイバーアタックの波の前にあった。

SIFMAの金融サービス副社長で、オペレーションのカール・シメック(Karl Schimmeck, SIFMA's vice president for financial services operations)は、「あなたが3年前銀行に行って、、『あなたのトップ5つの危険は何ですか?』と言うならば、おそらく、彼らの誰も、サイバーをそこに置きません。」と言った。

彼は、計算が変わったと言った。

確かに、軍が中心になって。ドリル・テストが実施されたが、その後も、中国に情報が盗まれ続けた。

そして、今も、米軍は独自に調査できないから、インターネット会社に情報を要求しているのが現状である。

大手ソフトウェア会社シマンテック(Symantec)は、米国のビジネスに対するサイバーアタックが昨年42%急上昇したと推定した。

しかし、銀行は、それらがどのように影響されるかに関するより多くの詳細を財政的にあるいはそうでなければ示したくない。
というのは、目標になることおよび攻撃の恐れは、しばしば発見されず、報告されなくなる。

数が何でも、銀行と政府は厳戒態勢上にある。

バラク・オバマ大統領(President Barack Obama)は、2月の一般教書演説で、銀行業に対して国際的なハッキングに関して警告した。

彼は、脅威について議論するためにJPモーガンのCEOディモン、バンク・オブ・アメリカCEOブライアン・モイニハン(Brian Moynihan)および他の財界人にその後会った。

大銀行は、取締人と投資者用ファイリングの潜在的リスク要因としてサイバーアタックをリストし始めた。

それらが、危険がないわけではないとそれらに警告するために、国立銀行を規制するOCC(Office of the Comptroller of the Currency/通貨監査局)も、コミュニティー銀行家と最近呼び出しを保持した。
9月以来ずっと、攻撃は、250人未満の従業員とビジネスにますます向けられている、とOCCが言った。

銀行は、脅威が去っていないことを理解している。
むしろ、顧客がより多くの処理オンラインを行い、銀行が、そのシステムが同じほどには安全でないかもしれない他の会社へのオペレーションを外部委託するように、オンライン攻撃の可能性は成長している。

今コンサルティング会社ガルシア・サイバー・パートナーを実行する元DHS職員グレッグ・ガルシア(Greg Garcia, a former DHS official who now runs the consulting firm Garcia Cyber Partners)は、
「『あなたはいつサイバー犯罪を止めるつもりですか。』と誰かが尋ねる場合、さて、いつ犯罪を止めるつもりですか?」と言った。

銀行は、これまでの敬意から言っても、任意の個々の顧客取引口座を利用するハッカーの危険を軽視している。

大部分は、それは起こらないだろうとは、銀行は言っている。
また、それが行っても、カスタマーは責任を負わないともう言っている。

カスタマーは、要求を起こすことのような彼らの返金を彼らがアカウント情報をまわりに不注意にも投げていなかったことを示して、銀行に調査する時間を与えるようにするために、特定のステップを行わなければならない。

今までは、このような手続きによって、逃げてきたが、もうそれは許されない次元に来ている。

連邦規制は、金銭が許可のない先方勘定から取り除かれる場合に、責任のあるように保持されることから小売客を保護する。

銀行セキュリティ練習より、アクション映画に、より適切に思える木曜のドリルのタイトルに関しては、それが2011年にオリジナルのドリルの生成中に起こった。
それは会議を調整する金融サービス・セクターによって組織された。

ホワイトハウスの国家安全保障スタッフは、練習ができれば2単語と共に、名前を持つことを望んだ。

FSSCCによれば、立案に関係していた連邦政府職員は、「Quantum Dawn」に関するいくつかのメディア報道に気づいた後にタイトルを示唆した。

カール・シメックは、イギリスの同様の練習がタイトルを少なくとも持っていたことを指摘した。
それは「Waking Shark(目が覚めているサメ)」と呼ばれた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。