gaYa広告

2013年07月17日

メキシコの海岸で、何百匹もの死んでいるアカエイが発見された。

BBC Newsは、何百匹もの死んでいるアカエイ(stingrays)がメキシコの東の州ベラクルス(Veracruz)の海岸で見つかったと報告した。

合計の250匹以上アカエイは、Ursulo Galvanの町の近く、Chachalacas海岸上で火曜日に見つかっている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

何人かの地元住民は漁師が海岸上で、エイを捨てるのを見たと報告した。

ベラクルスの環境相ヴィクター・アルバラード・マルチネス(Veracruz's Environment Minister Victor Alvarado Martinez)は、その事件を調査するために支援を連邦政府に尋ねた。

地方の市長ホセ・マーティン・ベルデロ(Local mayor Jose Martin Verdero)、Chachalacasの漁師によって、他の魚を捕らえようとするために使用された「網によって、エイが捕まったか」ということであると言った。

しかし、居住者は、漁師が、彼らがそれらを望んだ価格で売れなかった後、彼らが捨てたと言った。

Chachalacasの漁師ジャイム・バスケス(Chachalacas fisherman Jaime Vazquez)はは、彼がかつて見た仕事での彼の30年間以上で、彼の同僚のうちの誰でも海岸上の死んでいる魚を捨てると言った。

彼は、まだ生きている一方どんな望まれない魚も海に返されているだろうと地元マスコミに伝えた。

しかし、その量が多すぎた。

Ursulo Galvanの町の近く、Chachalacas海岸のGoogle Earthポインター情報
19°26'22.87"N,96°19'15.20"W
または、
19.439686, -96.320889

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。