2013年06月20日

VodacomとSafaricomは、難民のための自由な通話を支援。

Cellular-Newsは、世界には4300万人以上が暴動、矛盾あるいは災害により、強制的に置き換えられて、再度離散家族を接続するサービスの必要は相変わらず差し迫っていると報告した。

ケニアだけで、ほぼ100万人の難民がいる。

南アフリカのVodacomと、ケニアのSafaricomに加えて、Refugees Unitedとエリクソン(Ericsson)は、100万人の難民を接続するゴールに達することへの1ステップとして、難民のための自由な通話を支援を開始した。
2015年までにプラットフォームを結合することを計画している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

Safaricomからのフリーダイヤル・コードと、フリーダイヤルのラインを使用して、ケニアの難民は、難民によって発明された家族リコネクト・プラットフォームにアクセスし、再結合することができるようになる。

さらに、VodacomはDRCで同様のサービスを開始する。

再結合した難民は、人々が安全で匿名の方式で、行方不明の家族、友達および親類を捜すことを可能にする、無料、モバイル・オンライン・プラットフォームになる。

今まで、プラットフォームはコンピューターあるいはインターネット対応の携帯電話によってだけ、アクセス可能であった。

それは例えば、ユーザーがモバイル・バンキングとそれを区別ができるように、フリーダイヤルのラインを利用して、単純なダイヤル・コードシステムによって今利用可能になる。

「このイニシアチブは、世代が来るべき家族リコネクトの性質を変形する力を持っている。

それは、モバイル技術が、アフリカ大陸上で、人々の生活をどのように本当に永久に変えているかの例である。

サステイナビリティーとエリクソンの企業共同責任の副社長イレーン・ワイドマングリューネヴァルト(Elaine Weidman-Grunewald, Vice President, Sustainability and Corporate Responsibility at Ericsson)は、「私たちはこれを計らせるために革新的対処法を捜しています。また、協力は成功の鍵です。」と言った。

結ばれたエリクソンと難民は、2015年の終わりまでのゴールに向けて、プラットフォーム上で100万人のユーザーに達せさせた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告