on-the-time.jp

2013年06月20日

マイクロソフトとノキアの合併交渉は、決裂。

Cellular-Newsは、しばしば否定されたが、会談が提示されている価格上に決裂するまで、マイクロソフトとノキア(Nokia)が先月と同じくらい最近合併交渉中だったように見えると報告した。

ノキアが喜んでそのような会談を始めさえしたことで、会社のための主な開発を示した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

マイクロソフトは、送受話器部門を買うことを申し出ていたが、ノキアの縮む市場占有率に対する懸念と、ノキアによって要求されている価格に関する意見の不一致により決裂した。

多数の出所を引用して、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)は、会談が今月と同じくらい最近起こったが復活しないだろう、と言った。

ノキアは、マイクロソフトのWindows Phoneソフトウェアの完全な出荷のちょうど80%未満に相当している。
また、噂がありました、そのノキアのCEOで、元マイクロソフトのスティーヴン・エロップ(Stephen Elop)、マイクロソフトへの電話ビジネスの販売を考慮する。

確かに、いくつかの執拗な噂は、販売がずっと彼の計画だったことを示唆した。

ノキアに送受話器部門を求められている価格は今知られている。
しかし、会社の市場資本化はちょうどUS$140億まで落ちた。
また、その約半分の収入は電話販売から来ている。

そのような取り引きへのノキアの株主を説き伏せるが、マイクロソフトは、ほとんど確かに屈強なプレミアムを払わなければならない。

ノキアが会社がその財産のまわりで回転するを助けるため、来月の主な新しい旗艦スマートフォンを発表すると予想されている。

何回も噂になり、否定され、いつかどうにかなるというのだろうか?

2013-03-08---ノキアは、マイクロソフトへEUR5億支払いの準備ができていた。
2012-10-18---ノキアの株価は、損益にもかかわらず上昇。
2012-06-14---ノキアの損失が拡大し続け、さらに10,000人削減。
2012-01-26---ノキアは損傷チャージ上で四半期赤字を計上。
2011-10-26---ノキアは、Windows Phoneに未来を賭けた!
2011-10-20---ノキアはスマートフォン販売の低迷で、純損失を記録。
2011-09-29---ノキアはさらに3,500の仕事をカットし、工場を閉鎖する。
2011-06-08---サムソンは、ノキアの買収噂にノーコメント!
2011-08-18---ノキアは、モトローラ/Google合併は悪いかもしれない。と警告!
2011-06-01---Microsoftがノキアを買収するため、US$190を提示し、合意したという噂!?
2011-05-16---ノキアの携帯電話事業部をマイクロソフトに売却するという噂!?
2011-02-11---ノキアとマイクロソフトはパートナーシップで提携。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。