on-the-time.jp

2013年06月20日

ラトビアのリガ・キャッスルが火災によって破損された。

BBC Newsは、ラトビアの大統領の官舎(official residence of the Latvian president)とラトビアの全国歴史博物館(Latvia's National History Museum)があるリガ・キャッスル(Riga Castle)の屋根が火災によってひどく破損したと報告した。

テレビで放送された映像では、ラトビアの首都の夜空に煙と炎を示した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

バルト海のニュースサービスは、2013年06月20日木曜日の終わりに出火したたと言い、屋根裏と屋根を通って広がった。

アンソリス・ベルジン大統領(President Andris Berzins)、それが改装中だたので、城にいなかった。

負傷者の報告書はない。
しかし、いずれかの博物館加工品が破損されたか破壊されたかどうかはまだ明らかではない。

消防サービス・スポークスウーマンViktorija Sembeleは、火の原因がまだ判っていないとAFP通信社に伝えた。

「古いリガの歴史的な建物であるので、それは重大です」と彼女が言った。

彼女は、10の消防隊が炎に取り組むのを支援しており、軍隊が、近くの川から水を落とすためにヘリコプターを提供した、と付け加えた。

リガ・キャッスル(Riga Castle)のGoogle Earthポインター情報
56°57'2.99"N,24° 6'3.57"E
または、
56.950831, 24.100992

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告