on-the-time.jp

2013年06月20日

なぜ、UFO観測ファイルを国防省が閉じたか!?

宇宙

BBC Newsは、MoD(Ministry of Defence/国防省)は「防御目的はない」ことにそれが役立ち、「もっと価値のある防御関連の活動」、新しくリリースされたファイル・ショーからスタッフを奪っていたので、国防省はそのUFOのデスクを閉じたと報告した。

デスクから報告された観測の急増にもかかわらず2009年12月に閉まった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

その開示は、2007年と2009年11月の間にUFO(未確認飛行物体)の報告書に関係のある国立公文書館ファイルの中で起こった。

それらは、UFOがストーンヘンジを含むいくつかのイギリスで報告されたことを示した。

機密扱いが解かれたファイルの中で最新の薄片は、MoDのUFOデスクによって行なわれた仕事の最終の2年をカバーしている。

25ファイルは、イギリスの目標の近くのエイリアンおよびUFO観測との接触を主張する報告書を含んでいて、MoDの専用デスクおよび「ホットライン」を閉じる決定を詳述した。

当時の防衛大臣ボブ・エーンズワース(defence minister, Bob Ainsworth)の状況報告では、2009年11月に、空軍集団RAFのカール・マンテル( Carl Mantell of the RAF's Air Command,)は、MoDがUFO仕事を著しく縮小しようとすることを提案した。

彼は、「それは増加する資源を消費していましたが、価値のある防御出力を生産しません。」と言った。

彼は防衛大臣ボブ・エーンズワースに、「UFO観察[MoD]で報告した、イギリスに地球圏外の存在か軍事的脅威を示唆することをかつて明らかにした。」と伝えた。

彼のメモは、「防衛利益はない」ことも次のように付け加えて、観測の録音、照合、分析あるいは調査にあると言い、「このタスクに転換された資源のレベルはもっと価値のある防御関連の活動からスタッフを転換して、報告された観測での最近の高揚に応じて増加しています。」

その時の公式MoDステートメントは、「存在に関する、あるいはそうでなければ地球外生命の見解はない。」を部が持っていたと言った。

それはさらに、
「防御資源を最良に利用するために、私たちは、2009年12月1日から、専用UFOホットライン留守番電話サービスおよび電子メール・アドレスが内向的になると決定しました。[その]MoDは、もはや報告されたUFO観測に応答しないか、あるいはそれらを調査します。」と言った。

公表されたドキュメントは、4,400ページになっていた。

ファイルは、MoDに報告されたUFO観測の数は、デスクが閉まっていた年で3倍になったことを示した。

ファイル中の状況報告によれば、2000-07年に、省は、1年当たり平均150の報告書を受け取った。

しかし、2009年11月までに、それは、97の情報の自由と同様に年間UFOで要求する520の報告書を既に受け取っていた。

増加の可能な理由は祝賀中に紙ぢょうちんをリリースするために増加する人気を含んでいた。

本の著者UFOファイルズのデービッド・クラーク博士、(Dr David Clarke, author of the book The UFO Files)は、UFOデスクの最終日に対する洞察力で「パズルの最後のピース」が明らかにされたと言った。

「UFOデスクからの最後のファイルは今公有財産中のすべてです。」
「家で人々はそれらを読み、真実がこれらのファイルに、あるいはまだ外にそこにあるかどうかに関して、自分の結論を引き出すことができます」と彼が言った。

こんなことに、国防にならないことで、国防国家予算を使っていたのでは、税金が無駄と言うことだろう。

知りたかったら、すべてのデータを公開するので自分で調べるように懇願したと言うことだろう。

2010-12-22---ニュージーランド政府は、UFOファイルを発表。
2010-08-05---チャーチルはUFO情報をもみ消したか?
2009-08-17---イギリス国防省、UFO目撃情報約800件を公開!
2008-05-14---イギリス国防省、1978年から現在までのUFOファイルをPDFで公開!
2005-11-16---極秘の政府保管「UFOファイル」が明らかになった。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト