on-the-time.jp

2013年06月20日

なぜモバイルペンイメントは離陸の用意を整えるのか?

Businessinsiderは、モバイル・デバイスはデジタル財布(digital wallets)として、それらの長く遅れた見込みを満たすことに接近して、じりじり動いていると報告した。

消費者は鈍い音を立てるコインおよび現金を持ち運ぶのではなく、それらのモバイル・デバイスを通ってオフライン支払いに水路を開くという利点が分かり始めている。

消費者は、財布がなくなり、クレジットカードさえ消して、かつそれらのモバイル・デバイスによって財貨サービスの代価を払い始める準備ができている。
また、その結果、モバイルペンイメントは、爆発する準備ができている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

BI Intelligenceからの新しい報告で、モバイルペンイメントは離陸の用意を整え、私たちに主な理由について説明する。
モバイルペンイメントの成長およびサイズのための所有者の評価を提供する。
来たるべき年の市場、また特定の傾向を分析する、それは助けになるだろう。
モバイルペンイメントでの成長を形作る。セキュリティのまわりで、ユーザー関係を含んでいることは、消費者の人口分析・地理的な性質、成長、商人側採用およびモバイルペンイメントを駆り立てるだろう。
それらのソリューションは、そのチャージをリードするだろう。
と予測している。

ここに、モバイルペンイメントレースの現状の概要がある。

全体として、私たちはまだモバイルペンイメント採用の初期段階にいる。

2012年の年末時点で、790万人の米国の消費者だけが、QRコードあるいは支払いを生成する他の方法を使用する「グーグル財布(Google Wallet)」、あるいはアプリケーションのように消費者に面するNFC互換のシステムを採用した。
合計の90%未満は、まだ対応していない。

しかし、昨年、店内のモバイルペンイメントはほとんど4倍になり、モバイル・コマースの一部が爆発している。
例えば、ペイパル(PayPal)だけ、昨年のモバイルペンイメントでUS$140億が処理された。それとともに、カード読み取り機は実物大とモバイルペンイメントを構築している。

主なグローバルな国々の増加スマートフォン浸透は、成長に1トン燃料を供給するのを支援する。

アフリカでは、インフラストラクチャーを積み上げて以来、経済活動に水路を開く代替路線が貧しいか架空のように、モバイルペンイメントは成長した。

アジアでは、モバイルペンイメントは、日常の経済生活の多くの面へ送受話器を統合する、より広いスマートフォン中心の文化の一部および消費者に面するインフラストラクチャーとして繁栄した。

スマートフォン浸透が全面的に増加するように、世界的なモバイルペンイメントも増加すると予測している。

商人の登録としてのタブレットおよびスマートフォンの大規模採用が賛成するとともに、商人のための多くのモバイルペンイメントソリューションは、タブレットおよびスマートフォンさえ登録に転換するが、まだ物理的なクレジットカードの消費者使用に依存している。

多くのモバイルペンイメント市場予想が、小企業と企業がPOSシステムのツール用モバイルを採用しているという事実を逃している。

商人側採用は取引額成長を煽っている。

増加した便宜は、商人と消費者のために、モバイルペンイメントでサービスしている。
それはクレジットカードと現金との「便宜パリティー」に近づいている。

モバイルペンイメントはどれくらい大きくなるか。

私たちは、2017年までに、モバイル・デバイスによって促進された世界的なオフライン・トランザクションの総価格が2012年のUS$1200億から上昇して、約US$1兆5000億に達するだろうと予測した。

米国では、取引額は昨年のUS$150億からUS$2440億まで2017年に上昇する。

モバイルペンイメントユーザーの数は、全体的に同様に爆発する準備ができている。

2017年までに、合計の消費者ユーザー・ベースは5億マルクを過ぎて上昇する。

それは、年末の2012年にモバイルペンイメントを使用した7500万人未満の消費者からの5倍の増加を越えるものになると言っている。

ただし、クレジットカードを利用することは、モバイルペンイメントで限界に達し、モバイル・バンキングに進化できない。
そして、それはさらにモバイル・マネーにさらに進化する。

先進国が、モバイルペンイメントをゴールにするのか?
モバイル・バンキングにまで進化させるのか?
さらに。その先のモバイル・マネーにさらに進化するのか?

それはまだ判らない。

アフリカやインドなど、クレジットカードや銀行が整備されていなかったところは、いっきにモバイル・マネーに突入した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。