gaYa広告

2013年06月20日

モバイルペンイメント・ブームで、アート作品の直接販売を可能にした。

モバイル・マネー

MobileMarketingWatchは、最新の産業評価によれば、モバイルペンイメント処理は2017年までにUS$1兆3000億に達すると計画されていると報告した。

この開発に巨大な役割を果たすことは、現在のトップ・タブレットおよびスマートフォンを含んでいるモバイル・ポスシステムと予測している。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2013年の初めの時点で、スマートフォンは、この十年間の終了の前に期待された80%を備えた50%の市場参入に達した。

迅速なスマートフォン採用の結果、消費者はモバイル決済に満足しているようになっている。
また、事業主と起業家もそうであった。

IGC社アナリストであるブライアン・アリエス(IGC Co. analyst Brian Aliese)は「2007年には、iPhoneのデビューは新興スマートフォン・スペースへ、多くの消費者を移動させました。」
「初期のiPhoneを離れた消費者さえ、どのスマートフォンがあるか、また、それらがどれくらいポピュラーになっていたかに少なくとも気づいていました。」と言った。

アンドロイドはそれ以来、モバイルペンイメントで巨大に大評判をとったが、ブライアン・アリエスはそれらの成功したモバイルのクレジットカード・リーダーおよびプラットフォームを作るのをiPhoneが現在の主要なモバイルペンイメント供給者にとって主として可能にしたと言った。

ミズーリ州ブランソンのアーティストであるネーサン・ケント(Artist Nathan Kent of Branson, Missouri)は、彼が仕事をやめて、2年前にフルタイムでの絵画を売るのをiPhoneが可能にしたと言った。

iOSおよびほとんどのアンドロイド・デバイスのための主要なモバイルペンイメント・プラットフォームPayAnywhereの使用で、ケントは、郡共進会および協定の工芸美術ショーで、国の至る所で、作品を売り始めた。

「iOSおよびアンドロイドベースのPOS端末は小売りの将来です。」とブライアン・アリエスが言った。

「スマートフォンブームは、モバイルペンイメント・ブームの促進剤でした。 そして、ネーサンのような企業家とアーティストは、これまで限りなく可能なでない方向で、利益を得そうです。」と言った。

アート作品の直接販売は、スマートフォンブームにより、iOSおよびアンドロイドベースのPOS端末で、モバイルペンイメント・ブームを利用して成功している。

もう、どこかを通して、と言う時代ではなく、どんどん独自ビジネスを開始する時代になった。

ただし、クレジットカードを利用することは、モバイルペンイメントで限界に達し、モバイル・バンキングに進化できない。
そして、それはさらにモバイル・マネーにさらに進化する。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。