gaYa広告

2013年06月20日

IRISミッション打ち上げ準備中!

NASAは、カリフォルニア州のロッキード・マーチン宇宙システム・サニーヴェール設備のクリーン・ルーム(clean room at the Lockheed Martin Space Systems Sunnyvale, Calif. facility)で見られるNASAの科学計器宇宙船IRIS(Interface Region Imaging Spectrograph)ミッションのために、完全に統合された宇宙船と科学計器の画像を公開した

太陽電池は、軌道中で仮定する配置で展開される。

IRISは2013年6月26日に打ち上げが予定されている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

光球とコロナ間のインタフェースの解釈は、太陽・太陽圏の科学の基本の挑戦のままである。

IRISミッションは、コロナの中での彩層と移行地域によって分光測定を使用して、エネルギーとプラズマのフローをトレースし、画像により、この重大な地域の中へで発見のウィンドウを開ける。

IRISは、コロナと太陽風の中へのエネルギー輸送について、私たちの理解を増加させて、かつすべての恒星大気に原型を供給するために重要な新しい情報を提供することを目指している。

アート3Dモデリング結び付けられたユニークなインスツルメント能力は、太陽大気のこの動的領域について、私たちの知識中の大穴を満たすことができると言われている。

このミッションは、太陽から地球へエネルギー放出プロセスの影響に続く、既存のヘリオ物理学宇宙船(heliophysics spacecraft)の科学的な出力を拡張すると言われている。

Image Credit: NASA/Lockheed Martin

日本では、1992年6月下旬から、国立天文台野辺山宇宙電波観測所で、野辺山電波ヘリオグラフの観測を開始している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告