2013年06月20日

IRISミッション打ち上げ準備中!

NASAは、カリフォルニア州のロッキード・マーチン宇宙システム・サニーヴェール設備のクリーン・ルーム(clean room at the Lockheed Martin Space Systems Sunnyvale, Calif. facility)で見られるNASAの科学計器宇宙船IRIS(Interface Region Imaging Spectrograph)ミッションのために、完全に統合された宇宙船と科学計器の画像を公開した

太陽電池は、軌道中で仮定する配置で展開される。

IRISは2013年6月26日に打ち上げが予定されている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

光球とコロナ間のインタフェースの解釈は、太陽・太陽圏の科学の基本の挑戦のままである。

IRISミッションは、コロナの中での彩層と移行地域によって分光測定を使用して、エネルギーとプラズマのフローをトレースし、画像により、この重大な地域の中へで発見のウィンドウを開ける。

IRISは、コロナと太陽風の中へのエネルギー輸送について、私たちの理解を増加させて、かつすべての恒星大気に原型を供給するために重要な新しい情報を提供することを目指している。

アート3Dモデリング結び付けられたユニークなインスツルメント能力は、太陽大気のこの動的領域について、私たちの知識中の大穴を満たすことができると言われている。

このミッションは、太陽から地球へエネルギー放出プロセスの影響に続く、既存のヘリオ物理学宇宙船(heliophysics spacecraft)の科学的な出力を拡張すると言われている。

Image Credit: NASA/Lockheed Martin

日本では、1992年6月下旬から、国立天文台野辺山宇宙電波観測所で、野辺山電波ヘリオグラフの観測を開始している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。