gaYa広告

2013年06月20日

歴史と景観のアート。

第二次世界大戦中にイギリスの国家航空トレーニング・プラン(British Commonwealth Air Training Plan during World War II)で貢献した12機の放棄されたアブロ・アンソン航空機(Avro Anson aircraft)を使用して、アーティストのキース・ハーダー(Keith Harder)が2009年に構築した作品を紹介している。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この航空機はナントンの爆撃機コマンド博物館(Bomber Command Museum in Nanton)から来て、この300フィートのコンパス上で、12ポイントの操縦をマークするためにレイアウトされた。

この巨大なコンパスはハイリバー(High River)とケーリー(Cayley)の間で構築され、空から最も良く見られる。

アートのこの部分がある土地は私財で、一般大衆によってアクセス可能ではない。

このアート品は、大草原の至る所で見つけられた古代の巨石精神文化の中で、大草原上のBCATP時代に対する永続する賛辞になる。

キース・ハーダーは、アルバータ大学カムローズ校、アルバータ)のAugustana学部のより熱心な美術部長(the Chair of the Department of Fine Arts in the Augustana Faculty at the University of Alberta in Camrose, Alberta)である。

この作品は、ケーリー(Cayley)から北に3kmのハイウェー#2Aの東(east of Highway #2A)、latitude 50.466850; longitude -113.849560にある。

残念ながらGoogle Earthではまだ見つかっていない。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。