2013年06月20日

歴史と景観のアート。

第二次世界大戦中にイギリスの国家航空トレーニング・プラン(British Commonwealth Air Training Plan during World War II)で貢献した12機の放棄されたアブロ・アンソン航空機(Avro Anson aircraft)を使用して、アーティストのキース・ハーダー(Keith Harder)が2009年に構築した作品を紹介している。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この航空機はナントンの爆撃機コマンド博物館(Bomber Command Museum in Nanton)から来て、この300フィートのコンパス上で、12ポイントの操縦をマークするためにレイアウトされた。

この巨大なコンパスはハイリバー(High River)とケーリー(Cayley)の間で構築され、空から最も良く見られる。

アートのこの部分がある土地は私財で、一般大衆によってアクセス可能ではない。

このアート品は、大草原の至る所で見つけられた古代の巨石精神文化の中で、大草原上のBCATP時代に対する永続する賛辞になる。

キース・ハーダーは、アルバータ大学カムローズ校、アルバータ)のAugustana学部のより熱心な美術部長(the Chair of the Department of Fine Arts in the Augustana Faculty at the University of Alberta in Camrose, Alberta)である。

この作品は、ケーリー(Cayley)から北に3kmのハイウェー#2Aの東(east of Highway #2A)、latitude 50.466850; longitude -113.849560にある。

残念ながらGoogle Earthではまだ見つかっていない。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。