2013年05月27日

数世紀前の「小氷河時代」の植物が復活した。

BBC Newsは、科学者は数世紀前に冷凍だった「小氷河時代」の植物は、新しく発芽させ、成長が観察された言ったと報告した。

蘚苔門の植物として知られている400年来の植物のサンプルは、研究所の条件の下で繁栄した。

研究者は、惑星の氷報道の周期的な長い期間から生態系がどのように回復するかについて、この背景から死んでいるような休眠が影響を及ぼすと言った。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

発見は、米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences)で紹介された。

Regeneration of Little Ice Age bryophytes emerging from a polar glacier with implications of totipotency in extreme environments
Catherine La Fargea,1,
Krista H. Williamsa,
John H. Englandb

1To whom correspondence should be addressed. E-mail: clafarge@ualberta.ca.
Author contributions: C.L.F. designed research; C.L.F. and K.H.W. performed research; C.L.F., K.H.W., and J.H.E. analyzed data; and C.L.F. and J.H.E. wrote the paper.

The authors declare no conflict of interest.

This article is a PNAS Direct Submission. D.H.V. is a guest editor invited by the Editorial Board.

Data deposition: Voucher specimens are deposited in the Cryptogamic Herbarium (ALTA), Department of Biological Sciences, University of Alberta, Edmonton T6G 2E9.

Edited by Dale H. Vitt, Southern Illinois University, Carbondale, IL, and accepted by the Editorial Board April 26, 2013 (received for review March 5, 2013)

Published online before print May 28, 2013,
doi: 10.1073/pnas.1304199110
PNAS May 28, 2013

それらは、カナダ北極の中で高い、涙氷河のまわりのエリアを調査していたアルバータ大学(University of Alberta)のグループから来た。

地域の氷河は2004年以来、1年当たり約3-4mで急激に加速した割合で後退している。

それは、AD1550年からAD1850年まで荒く走った広範囲の気候の冷却いわゆる小氷河時代(Little Ice Age)以来日光を見ていない土地を露出している。

「私たちは、氷河マージンの端に沿って歩きました。また緑がかった色調を持つように見えた氷河の真下で、これらの巨大な数が現われるのを見ました。」研究の第一著者キャサリン・ラ・ファージュ(Catherine La Farge)は言った。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告