2013年05月27日

乳癌の予防手術を受けたアンジェリーナ・ジョリーの叔母が乳癌で死去。

BBC Newsは、運命的な乳癌を回避するために2回の乳房切除術をしたとハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)が言ったほぼ2週間後、彼女の叔母が乳癌で死去した。

死去したのは61歳であったデビー・マーティン(Debbie Martin)で、日曜日にエスコンディドのパロマー・メディカル・センター(Palomar Medical Centre in Escondido)で他界した、と病院が言った。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

デビー・マーティンは、アンジェリーナ・ジョリーの母親で、2007年に56歳で乳癌により死去したマーシェリン・バートランド(Marcheline Bertrand)の妹である。

彼女の夫ロン・マーティン(Ron Martin)は、姉妹が両方とも、ジョリーはそれを継承した同じ変化したBRCA1遺伝子を持っていたと言った。

彼は、E! Newsに、
「アンジェリーナは週を通して接触していました。そして、日々彼の支援をして、彼女の兄弟ジェイミは我々といました。」
「彼らはデビーを非常に愛していました。また、アンジーは今ちょうど来ることができませんが、彼女は、非常に良い愛と支援を送りました。」と伝えた。

デビー・マーティンは、
「私たちが、もし知っていたならば、アンジェリーナが行ったことを確かに正確に行っていたでしょう。」と、さらに2回の乳房切除術をしたと、AP通信社に伝えた決定について女優を賞賛した。

2013年05月14日に、37歳の彼女が、医者の後の手術は、彼女が乳癌の87%の危険および卵巣癌の50%の危険を持っていると推測したと、ニューヨークタイムズの中で書いた。

「私は、非常に率先して、私ができるように危険を最小限にすることを決定しました。」と彼女が、乳癌になる彼女の見込みが今5%未満に落ちたと付け加えて説明した。

BRCA1遺伝子は皆の中にあるが、単に1,000人のうち1人の中で変化する。

変化を持った誰でも、乳癌になる50-80%の機会を得ている。

2013-05-17---乳癌のリスクは何か?
2013-05-14---アンジェリーナ・ジョリーはダブルの乳房切除術をした。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト