on-the-time.jp

2013年04月21日

中国の名工、歴史を作り続けるハサミ職人。

BBC Newsは、杭州のハサミ工場Hangzhou Zhang Xiaoquan(張小泉) Companyは、大部分より長くより騒然としている歴史を要求することができると報告した。

王朝は移り変わった。
戦争と革命は通過した。
また、経済は再び資本家から共産主義者まで、変形した。

しかし、一貫して、Hangzhou Zhang Xiaoquan Companyのワークショップと工場は静かに、そしてひたすらに、貧しく、家庭用品のハサミを作り続けている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

明朝の時代に、Zhang Jiasiという名の職人は、美しく、永続性だったハサミを作る方法を見つけた。

彼はハンドルが容易に成型され形作られることを認めて、鉄をはさみの身体に使用し続けた。

しかし、古代の剣を作る技術を適応させた新しい策略は、はさみにはるかに困難で、より鋭いかみ切った一片を与えるために高温および多くの注意深くこつこつ働くことを使用して、最先端へ溶鋼を混合することであった。

Zhang Xiaoquanの現在の部長Ding Chenghongは、その歴史への接続を維持しようとビジネスがまだしていると言っている。

「私たちの創立者はモットーを持っていました」と彼が言います。
「よい鋼および優れた技量。」

「今日、私たちが使用する鋼は他の多くのメーカーとは異なります。安い鋼は、1トン当たり約7,000〜8,000元(US$1,132)です。私たちの鋼コスト1トン当たり11,000〜12,000元の間です。」
「完全に手によって溶鋼と鉄をともに強打して、今までどおり古い方法で1本のはさみを作ることができる数人の職人さえがいます。」

また、それらの少数の技術は今日の工場に作られた製品のうちのいくつかの中で保持されている。

会社は現在、合計1,500人を雇用し、約700万本のハサミを作って、これは中国がそのために有名な大量生産になっている。

生産ラインからの平均的な家庭のはさみは、約US$3〜US$5で売っている。

しかし、輸出品は、会社の年間約US$4000万の総売上高の1パーセントの半分未満である。

これは、新しい中国初のビッグ・ビジネスかもしれない!

中国製品は悪かろう、安かろうと言うイメージを払拭し、中国の名工のハサミは面白いかもしれない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告