on-the-time.jp

2013年04月21日

中国の名工、歴史を作り続けるハサミ職人。

BBC Newsは、杭州のハサミ工場Hangzhou Zhang Xiaoquan(張小泉) Companyは、大部分より長くより騒然としている歴史を要求することができると報告した。

王朝は移り変わった。
戦争と革命は通過した。
また、経済は再び資本家から共産主義者まで、変形した。

しかし、一貫して、Hangzhou Zhang Xiaoquan Companyのワークショップと工場は静かに、そしてひたすらに、貧しく、家庭用品のハサミを作り続けている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

明朝の時代に、Zhang Jiasiという名の職人は、美しく、永続性だったハサミを作る方法を見つけた。

彼はハンドルが容易に成型され形作られることを認めて、鉄をはさみの身体に使用し続けた。

しかし、古代の剣を作る技術を適応させた新しい策略は、はさみにはるかに困難で、より鋭いかみ切った一片を与えるために高温および多くの注意深くこつこつ働くことを使用して、最先端へ溶鋼を混合することであった。

Zhang Xiaoquanの現在の部長Ding Chenghongは、その歴史への接続を維持しようとビジネスがまだしていると言っている。

「私たちの創立者はモットーを持っていました」と彼が言います。
「よい鋼および優れた技量。」

「今日、私たちが使用する鋼は他の多くのメーカーとは異なります。安い鋼は、1トン当たり約7,000〜8,000元(US$1,132)です。私たちの鋼コスト1トン当たり11,000〜12,000元の間です。」
「完全に手によって溶鋼と鉄をともに強打して、今までどおり古い方法で1本のはさみを作ることができる数人の職人さえがいます。」

また、それらの少数の技術は今日の工場に作られた製品のうちのいくつかの中で保持されている。

会社は現在、合計1,500人を雇用し、約700万本のハサミを作って、これは中国がそのために有名な大量生産になっている。

生産ラインからの平均的な家庭のはさみは、約US$3〜US$5で売っている。

しかし、輸出品は、会社の年間約US$4000万の総売上高の1パーセントの半分未満である。

これは、新しい中国初のビッグ・ビジネスかもしれない!

中国製品は悪かろう、安かろうと言うイメージを払拭し、中国の名工のハサミは面白いかもしれない。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。