gaYa広告

2013年04月21日

ブリキ缶を使った缶詰の歴史。

美容と医学の科学

BBC Newsは、ブリキ缶は、200年間で世界の食べ物の保存方法を大きく変更したと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

しかし、安い肉とスキャンダルに関するビクトリア朝不愉快は、それが発明されるまでほとんど拒絶と失敗を繰り返した。

ブライアン・ドンキン(Bryan Donkin)は、彼の手にケント公爵(Duke of Kent)との承認の手紙と、彼の車両がバーモンジー(Bermondsey)を通って南へ向かったので、都市の煙突煙を後に残した。

彼がフォート・プレイス・ゲート(Fort Place Gate)で有料道路に来たので、革とホップの臭いは退き、そこで、門番の2階建てのレンガ作りの家は都市のスプロール現象の終わりを記録した。

前方に広々とした土地と彼の工場を置き、彼の後に、セントポール大聖堂(St Paul's Cathedral)の妨害されない眺めはあり、そこで彼は、前の2年間、食物を缶詰にする最高の方法を見つけようとして研究していた。

1813年6月30日の前日つけられた手紙は、キング・ジョージ3世の妻シャーロット女王と配偶者(Queen Charlotte, wife and consort of King George III)を含む有名な王室の4メンバーが、彼の缶詰めの牛肉を味わい楽しんだことを説明した。

そのような洗練された口蓋を満足させることは、この控え目なノーサンブリアのエンジニア(Northumbrian engineer)の虚栄を扱うべき問題ではなかった。

その代わりに、海軍本部へ保存された食物として、世界初の商業的な缶詰であると考えられるものを供給するために、彼が最も高い賛同を得ることを、それは意味した。
そして、それによって数千マイル離れていても、イギリスの水夫に塩味がつけられた肉の単調を免れさせた。

マトロックのダービシャー記録室に保持された彼の日記によれば、缶詰を作るオペレーションは1813年5月3日(月)に動員し始められた。

新聞広告には、Donkin, Hall and Gambleという名前の会社が登場にし、名刺にもその名が印刷された。

つまり、世界最初の缶詰会社の誕生である。

工場は、ドンキンの製紙機械用のより大きなプラントによって、約300平方mの長方形の土地を占領した。

世界最初の缶詰工場も誕生した。

ワシントンDCのカン・マニュファクチャラーズ研究所(Can Manufacturers Institute in Washington DC)によれば、現在、ヨーロッパと米国だけで、年間の食物缶詰は400億を消費している。

18世紀後半のイギリス海軍、フランス海軍およびオランダ海軍で利用可能な軍事力にもかかわらず、栄養の疑問が交戦中の提督の心の上にあった。

300年間、二等水夫は塩づけの肉と堅焼きビスケット(hardtack/biscuit)を食べていた。

また、「Pickled, Potted and Canned」の著者スー・シェファード(Sue Shephard)によれば、1750年代の戦争は、7年で貢献するすべての英国の水夫の半分以上を栄養失調で殺していた。

それは、イギリス人、そしてフランス、ナポレオン戦争中に海上で、地上で戦うするだけでなく、奇跡食品を考え出すために競うことでもあった。

この特集は、とんでもない歴史を明らかにしている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。