2013年04月21日

アンタレス・ロケットの打ち上げ。

NASAは日曜日に、ヴァージニアのNASAワロップス・フライト設備(NASA Wallops Flight Facility in Virginia)から、MARS(Mid-Atlantic Regional Spaceport)のパッド0A(Pad-0A)から、オービタル・サイエンシーズ株式会社のアンタレス・ロケット(Orbital Sciences Corporation Antares rocket)が打ち上げられたと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この試射は、アンタレスの最初の飛行と、最初のロケットがパッド0Aから発射することに注意した。

アンタレス・ロケットは、地球の軌道へ、いわゆる質量にシミュレートされた宇宙船の等価な質量を送り出した。

Image Credit: NASA/Bill Ingalls

これだけ米国の民間企業が宇宙船を打ち上げ始めると、日本のJAXA(Japan Aerospace Exploration Agency宇宙航空研究開発機構)が、税金で打ち上げるロケットのメリットが薄れてくる。

そろそろ、宇宙開発と言ってロケットで衛星を打ち上げ、税金を使ってきた時代から、JAXAの方向性を変更する時期に来ている。
これからは、何をするのかを明確にしないと、無駄遣いになる可能性が出てきている。

さらに、馬鹿な宇宙飛行士をISSに送り込むだけでは、宇宙開発としても失格である。

先日来、JAXAが行ってきたISSへの荷物運搬も、民間事業者が安く請け負うことになるだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト