on-the-time.jp

2013年04月21日

アンタレス・ロケットの打ち上げ。

NASAは日曜日に、ヴァージニアのNASAワロップス・フライト設備(NASA Wallops Flight Facility in Virginia)から、MARS(Mid-Atlantic Regional Spaceport)のパッド0A(Pad-0A)から、オービタル・サイエンシーズ株式会社のアンタレス・ロケット(Orbital Sciences Corporation Antares rocket)が打ち上げられたと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この試射は、アンタレスの最初の飛行と、最初のロケットがパッド0Aから発射することに注意した。

アンタレス・ロケットは、地球の軌道へ、いわゆる質量にシミュレートされた宇宙船の等価な質量を送り出した。

Image Credit: NASA/Bill Ingalls

これだけ米国の民間企業が宇宙船を打ち上げ始めると、日本のJAXA(Japan Aerospace Exploration Agency宇宙航空研究開発機構)が、税金で打ち上げるロケットのメリットが薄れてくる。

そろそろ、宇宙開発と言ってロケットで衛星を打ち上げ、税金を使ってきた時代から、JAXAの方向性を変更する時期に来ている。
これからは、何をするのかを明確にしないと、無駄遣いになる可能性が出てきている。

さらに、馬鹿な宇宙飛行士をISSに送り込むだけでは、宇宙開発としても失格である。

先日来、JAXAが行ってきたISSへの荷物運搬も、民間事業者が安く請け負うことになるだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト