gaYa広告

2013年04月17日

Twitterの最初のデータ・エディター、データ・ジャーナリストを中止。

The Drumは2013年04月18日に、イギリスの新聞「ガーディアン(Guardian)」のデータ・ジャーナリストであったサイモン・ロジャーズ(Simon Rogers)は、Twitterの最初のデータ・エディターになるために15年後に彼の役割を中止したことが2013年04月17日水曜日に明らかにされたと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

ロジャーズは位置を占めるために米国へ移る。
また、ガーディアンで彼に代わるのは前のWikileaksおよび調査報道職員で事務局のジェームズ・ボール(James Ball)になる。

ロジャーズはブログ・ポストで、
「すべてのニュース団体は彼らが、これであると思ったことに対する挑戦し、戦っています。ストーリーがモバイル・でバイルを持った誰によってでも壊される場合、新聞の読者との従来の一方向の関係は新しい均等と取り替えられました。」
「ツイッターは、私たちがジャーナリストとして働く方法でそのような重要な要素になりました。無視することができません、そして政治からスポーツおよび娯楽まですべての大事件の中心にますます。」
「データ・エディターとして、私は、この現象がどのように働くか説明するのを支援しましょう。」と言っている。

ガーディアン・ニュース&メディアの編集長アラン・ルスブリガー(Alan Rusbridger, editor-in-chief of Guardian News & Media)は、
「サイモンは、データ・ジャーナリズムで、ガーディアンの世界のリーダーとしての評判を構築するのを支援する最近の十年間で、驚くべき仕事を済ませました。また、アクセスに、Twitterで、それは持つデータの広大な埋蔵物で彼が何を行うことができるか確かめるために魅了するでしょう。」と言った。

ガーディアンdatablogは、ロジャーズによって2009年にセット・アップされた。

彼は、News Unlimitedのエディターとして1998年に会社に入社した。

2011年にアムネスティ・インターナショナルのデジタル・ジャーナリズム賞(Amnesty International digital journalism award in 2011)を受賞した調査報道チームの事務局の一部だったボール(Ball)は、ガーディアン・データ・ストア・サイトのランニングに関してとる。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告