2013年04月17日

タッチスクリーン・タブレットで、より速くタイプする新しいキー配列。

Cellular-Newsは、ドイツのマックス・プランク研究所に所属する研究者は、現在の携帯電話やタブレット上でタイプすることは、無益に遅いと研究者は主張したと報告した。

1つの制限は、親指でタイプする場合、QWERTYレイアウトがタブレットや他のタッチ・スクリーン・デバイスには不適当であるということだった。

2つの親指タイピングは、物理的なキーボード上にタイプすることとは人間工学として、非常に異なる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

20語/分ごろの割合は物理的なキーボード上で達成された割合と比較して遅くタイプ入力することで、タッチ・スクリーン・デバイス上でQWERTYを使用する正常なユーザーが制限されたことが確証された。

研究者は、ユーザーのために実質的履行で長所があるQWERTYの代わりを作成し始めた。

研究者は、計算上の最適化アルゴリズムに親指移動のモデルを組み入れた。

セント・アンドリュース大学(University of St Andrews)とモンタナ・テクノロジー大学(Montana Tech)からの情報科学および同僚のためのマックス・プランク研究所(Max Planck Institute for Informatics and colleagues)の研究者は、レイアウトへのわずかな変更が少数のキーを交換するように、著しい改良に十分ではないだろうということを速く理解した。

「見る上で、あなた、読み取り、いとしい、免疫、基づいた」のような頻繁に使われる流行のテキスト語は、一つの親指だけでQWERTYレイアウト上でタイプされなければならない。そして、それはタイピングで重荷となる。

これは、タイプするパフォーマンスを改善し、親指のための負荷を最小化するゴールを備え、2つの親指テキスト・エントリー用のレイアウトを開発するためにプロセスを始めた。

アンティ・オウラスビタ(Antti Oulasvirta)は、「2つの親指のためのキーボードの最適化のキーは単一の親指を備えた長いシーケンスを最小化することです。」
「さらに、私たちは、中心に互いに近い頻繁に用いられている文字を置きたい。経験を積んだタイピストは、親指を同時に移動させる。一方がタイプしている間、他方はその次の目標に接近している。私たちは、最適化手法のためのこの振る舞いの予測モデルを引き出しました。」と言った。

親指の動いている時間を最小化するために、そして交替する側に接近するために、可能なこととと同様に、計算上の最適化プロセスには2つのゴールがあった。
計算上の最適化によって達成された結果はやや予期できなかった。
新しいキーボード「KALQ」では、母音はすべて、文字「y」を例外として、右母指用のエリアに置かれた。
しかし、左母指は割り当てられた、より多くのキーを得た。
完全にこのレイアウトから利益を得るように、ユーザーは、彼らの親指を同時に移動させるように訓練された。
1つの親指がタイプしている間、別のものはその次の目標に移ることができる。

オラ・クリステンソン(Ola Kristensson)は、「QWERTYの遺産は、モバイル・デバイス上の次善のテキスト・エントリー・インタフェースを持ったユーザーをわなに掛けました。」と言っている。

しかし、QWERTYを放棄する前に、ユーザーは人を動かさずにはおかない選択肢を正当に要求した。

「私たちは、KALQがユーザーに変わり、かつ利益を得る誘因をより速く与えるほど、大きなパフォーマンス向上およびより快適なタイピングを提供すると信じます。」と言っている。

最後に、著者は、親指がどのように移動し、テキスト・ユーザー・タイプに関するさらに統計の知識、アカウントへとった蓋然論のエラー訂正方法を開発した。

訓練されたユーザーは、エラーの合格水準を保持する間にエラー訂正方法によって、より速くタイプすることができた。

これらの改良で、ユーザーは37語/分に達することができ、それは今までで最上で、通常のユーザーが達成することができる分離したQWERTYについて、近似の20単語以上にタッチ・スクリーン装置上にタイプする2つの親指のために著しく報告した。

研究者は2013年05月01日に、パリのCHI 2013会議で発表する。

ただし、これまでも多くの新しいキーボードのデザインが公開されたが、そのほとんどは自己満足で終わっている。
その原因は、QWERTYの歴史が身体にしみこんでいるからで、さらに、単純にQWERTYと言うが、例えば英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語では、キー配列が異なっている。

実は、アップルもiPhoneの開発で、かなり研究していた。
それは、キーボード・デザインだけではなく、現在のデジタル化は、同時にソフトウェアにも大きく関係している。

2013-04-10---タイピング・キーボ−ドは、存続し続けるのか?
2007-09-28---これは、最悪のキーボードですか?
2007-06-13---NYTが、iPhoneにキーボードが無いと騒ぎ始めた!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告