2013年04月03日

7人のキューバのダンサーが逃亡。

AP通信は、メキシコで上演旅行中であったキューバ国立バレエ(National Ballet of Cuba)の若い7人のメンバーが先月逃亡した、と島ダンス役人が2013年04月03日水曜日に言ったと報告した。

この問題について公に話す認可がないことから、匿名の条件で話したバレエ団職員は、逃亡を確認したが、「帰らなかったのは、7人だった」と言っただけで、詳細を提示しなかったと言っている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

逃亡は、キューバのバレエ・サークルの中で、悲嘆として受け取られた。

ダンサーのうちの6人が会社に入社する前に訓練された場合、ハバナの国立バレエ・スクールの管理者ラモーナ・デ・サア(Ramona de Saa, director of Havana's National Ballet School)は「それは私たちを痛ませる。」と言った。

ラモーナ・デ・サアは、彼女は誰を指名しなかったバレリーナのうちの1人が、娘のようだったと彼女が考えると付け加えた。

キューバの追放ブログ「Cafe Fuerte」は、7人のうちの6人、
ランディー・クレスポ(Randy Crespo/22);
エドワード・ゴンサレス(Edward Gonzalez,/23);
ホセ・ジャスティス(Jose Justiz/20);
アリアディニ・マーティン(Ariadnni Martin/20);
ルイ・ヴィクター・サンタナ(Luis Victor Santana,/23);
またアニー・ルイス・ディアス(Annie Ruiz Diaz/24)。
がマイアミへ続いて移動すると報告した。

また、20歳のアレヤンドロ・メンデス(Alejandro Mendez)がまだメキシコにいると言った。

Café FuerteのWebサイトで、アニー・ルイス・ディアス(Annie Ruiz Diaz)は、
「私が一生のうちで最も困難な決定です。しかし、私たちは過去、将来、に関して考えていません。」
「私たちは、私たちの家族のために、よりよい芸術的な生活およびエコノミック・ウェルビーイングを求めることに余念がありませんでした。」と言ったと報告している。

全国バレエは、キューバの政府関係者の誇りで、多くの世界一流のダンサーを大量に作り出した。

しかし、実行者がより大きな創造的なビジネス・チャンスの見込みによって海外へ誘惑されるとともに、それはこの数年にわたって多くの注目の逃亡を見た。

2011年3月に、5メンバーはカナダで実演の後に後に、帰国しなかっ。

キューバの政府関係者にとって、ダンサー、スポーツ選手および医者のような人による離脱は苦しい裏切り行為になる。

共産主義の当局は、それらが無料で訓練する才能だが、政府への大きなコストのいわゆる窃盗を悲しんでいる。

ラモーナ・デ・サアは、逃亡するダンサーが外国で成功する見込みをしばしば過小評価し、それらを引き受けるために結局会社を見つけない、と言った。

「私たちは特権を与えられます」
「世界で、バレエの状況は非常に困難です。」と彼女が言った。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告