on-the-time.jp

2013年03月21日

トイレと携帯電話。

AP通信は、国連は、世界で70億人農地、60億人が携帯電話を持っているが、45億万人しか、トイレか便所に行けないと。

したがって国連は、トイレか便所を利用できない25億人の衛生を改善するために、グローバルなキャンペーンを始めていると報告した。

国連事務次長ジャン・エリアソン(U.N. Deputy Secretary-General Jan Eliasson)は、彼らの苦境を現在の世界で極貧および大きな不平等を反映する「暗黙の災害(a silent disaster)」と呼んだ。

ジャン・エリアソンは、世界が2015年の終わりまでに、衛生へのアクセスのない人々の割合を半分にする国連の目標を達成するために問題を直ちに扱わなければならないと木曜日に記者会見で伝えた。

しかし、それでも携帯電話に勝てない。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

世界的指導者は、一連のミレニアム開発目標として、2000年に首脳会議で貧困と格闘させた。
また、エリアソンは、衛生ゴールが最も遠く遅れると言った。

ほとんどの人々がその問題について話したくない一方、エリアソンは「それは、何十億もの人々に健康、清潔な環境および基本の尊厳を保証するハートに行きます。」と言った。

国連は、アクションが2025年までに、疾病を永続させる野外の排便(野糞)の実行を除去することを含むに違いないと言った。

野外の排便を頼る人々の数は、1990年以来2億7100万までに減少したが、それが11億人、あるいは世界の人口の15%ずつまだ実行されている、と国連は言った。

それは下痢の主要因のうちの1つで、それで生じる5歳以下の子供の死は、毎年、750,000以上であると、国連は言った。

エリアソンは、22カ国が世界で野外排便の80%以上を占めると言った。

国連の職員によれば、ブラジル、中国、インド、インドネシア、カンボジア、エチオピア、ケニア、マダガスカル、マラウイ、モザンビーク、ネパール、ナイジェリア、パキスタン、シエラレオネ、ザンビア、アフガニスタン、ブルキナファソ、チャド、コンゴ、ニジェール、スーダンおよび南スーダンの国々であった。

衛生および清潔な水で投資することからのグローバルな経済的利益は、1年当たりUS$2600億と見積もられる、と国連が言った。

対照的に、貧しい衛生は、それらのGDPの0.5%から7.2%の間の国々を要して、経済成長に影響している。

2013-01-01---インドは、貧弱な人のために、送金計画を伸ばす。
2012-10-02---土地を持たないインド人が、デリーへ行進を開始!
2012-03-21---インドで貧困層は誰ですか?インドで誰が本当に貧困ですか?
2012-03-14---インドの国勢調査、自宅の半分にトイレがなかった!
2012-02-15---インドが貧しいのは、フィクションであって欲しい!?
2011-12-01----インド全土で小売業者、ストライキ!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。