gaYa広告

2013年03月21日

トイレと携帯電話。

AP通信は、国連は、世界で70億人農地、60億人が携帯電話を持っているが、45億万人しか、トイレか便所に行けないと。

したがって国連は、トイレか便所を利用できない25億人の衛生を改善するために、グローバルなキャンペーンを始めていると報告した。

国連事務次長ジャン・エリアソン(U.N. Deputy Secretary-General Jan Eliasson)は、彼らの苦境を現在の世界で極貧および大きな不平等を反映する「暗黙の災害(a silent disaster)」と呼んだ。

ジャン・エリアソンは、世界が2015年の終わりまでに、衛生へのアクセスのない人々の割合を半分にする国連の目標を達成するために問題を直ちに扱わなければならないと木曜日に記者会見で伝えた。

しかし、それでも携帯電話に勝てない。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

世界的指導者は、一連のミレニアム開発目標として、2000年に首脳会議で貧困と格闘させた。
また、エリアソンは、衛生ゴールが最も遠く遅れると言った。

ほとんどの人々がその問題について話したくない一方、エリアソンは「それは、何十億もの人々に健康、清潔な環境および基本の尊厳を保証するハートに行きます。」と言った。

国連は、アクションが2025年までに、疾病を永続させる野外の排便(野糞)の実行を除去することを含むに違いないと言った。

野外の排便を頼る人々の数は、1990年以来2億7100万までに減少したが、それが11億人、あるいは世界の人口の15%ずつまだ実行されている、と国連は言った。

それは下痢の主要因のうちの1つで、それで生じる5歳以下の子供の死は、毎年、750,000以上であると、国連は言った。

エリアソンは、22カ国が世界で野外排便の80%以上を占めると言った。

国連の職員によれば、ブラジル、中国、インド、インドネシア、カンボジア、エチオピア、ケニア、マダガスカル、マラウイ、モザンビーク、ネパール、ナイジェリア、パキスタン、シエラレオネ、ザンビア、アフガニスタン、ブルキナファソ、チャド、コンゴ、ニジェール、スーダンおよび南スーダンの国々であった。

衛生および清潔な水で投資することからのグローバルな経済的利益は、1年当たりUS$2600億と見積もられる、と国連が言った。

対照的に、貧しい衛生は、それらのGDPの0.5%から7.2%の間の国々を要して、経済成長に影響している。

2013-01-01---インドは、貧弱な人のために、送金計画を伸ばす。
2012-10-02---土地を持たないインド人が、デリーへ行進を開始!
2012-03-21---インドで貧困層は誰ですか?インドで誰が本当に貧困ですか?
2012-03-14---インドの国勢調査、自宅の半分にトイレがなかった!
2012-02-15---インドが貧しいのは、フィクションであって欲しい!?
2011-12-01----インド全土で小売業者、ストライキ!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告