gaYa広告

2013年01月21日

あなたの上司を激怒させても、ソーシャル・ネット・スピーチは保護される。

ニューヨークタイムズ(New York Times)は、フェースブック(Facebook)とツイッター(Twitter)が作業場所での会話が社内カフェテリアと同じくらい中心となるとともに、連邦規制当局は労働者がオンラインで言うことができることを制限する政策を元の通り縮小するように雇用者に命じていると報告した。

雇用者は、しばしば否定の光でそれらを描くコメントで落胆させようと努力している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

会社問題について公に議論しない典型的なソーシャル・メディア政策は、またマネージャー、同僚あるいは会社をそれ自体誹謗しないと言う。

妨害は発射する攻撃になりえる。

しかし、一連の最近の裁決および勧告では、労働調整機関は多くのそのような制限を不法と宣言した。

全国労働関係委員会(National Labor Relations Board)は、議論がオフィスで、あるいはFacebook上で起こっても、労働者が労働条件について自由に応報の恐れなしで議論する権利を持っていると言った。

言論の自由が優先される社会で、会社がソーシャル・ネット・スピーチを攻撃できないのは、当然である。

さて、厚生労働省は、助けてくれるのか?
助けてくれなければ、厚生労働省を起訴しよう!
心地よい労働環境が提供できない厚生労働省は、不要です。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。