2013年01月13日

ブラジルのビキニ・ワックスは、ケジラミを絶滅危惧種にした。

美容と医学の科学

Bloombergは、歴史が始まって以来。人間の股間に住み着いたカニ形の昆虫陰部のシラミ(Pubic lice)は消えていると報告した。

その原因について医者は、ビキニ・ワックス処理が理由かもしれないと言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

吸血動物の減少する来襲は、医者によって陰部の抜毛、特に7人のブラジル姉妹によって990年代に普及したマンハッタン・サロンによる1技術にリンクされた。

米国の大学生の80%以上は、それらの陰毛のすべて、あるいはいくらかを削除し、一部西方の国々で増加している傾向がある。

オーストラリアのシドニーで、主な性のヘルスクリニックは、2008年以来陰部のシラミを持った女性に出会っていない。
また、男性の場合は10年前に約100%から80%落ちた。

ニューサウスウェールズのカービー研究所の大学の性の健康およびシドニー・セクシャル保健所の内科医のヘッドであるバジル・ドノバン(Basil Donovan, head of sexual health at the University of New South Wales's Kirby Institute and a physician at the Sydney Sexual Health Centre)が、
「それはかつては非常に一般的でした。今めったに見られません。」と言っている。

この傾向は、地球のほとんどの性的伝染性の伝搬された伝染病のうちの1つを止める代替的方法を示唆した。

陰部のシラミは、話題の殺虫剤で通常扱われる。
それは、世界大戦2の前、およびその世界大戦中に開発された有毒のものを以前含んでいた。

それらが疾病を広げるとは知られていない一方、敏感肌反応および後の伝染病は陰部のシラミを危険な害虫にした。

股を切り取り、ろうを塗り、削ることは、陰部のシラミの最適な生息地を破壊した。

その実行は、PG(Procter & Gamble Co./プロクター・アンド・ギャンブル)およびRB(Reckitt Benckiser Group Plc./レキット・ベンカイザー・グループPlc)のような会社の脱毛済製品の拍車販売を支援した。

ブラジルのビキニ・ワックスは、有史以来のケジラミを絶滅危惧種にした。

2013-01-08---米国連邦議会の人気、ゴキブリやシラミの方が人気が高い!
2011-05-29---プラスチック世界制覇の歴史。
2009-09-01---ダニのだ液はがん特効薬になるかも?!
2006-10-02---養魚場からの寄生虫が、カナダの若い野生サケ95%を殺す!
2004-12-14---私は海シラミを食っていた!
2004-10-04---6世紀の木製の幼櫛についていた人間のアタマジラミ。
2004-04-29---カナダのサケに海シラミが多発!
2003-08-16---BC7万年頃に人間のアタマジラミとヒトジラミが分岐した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。