gaYa広告

2013年01月14日

オリンピックのチャンピオンは卵巣癌の後に、2番目の子供を期待!

AP通信は、オリンピックの体操チャンピオン選手シャノン・ミラー(Olympic champion gymnast Shannon Miller)は、彼女がまれな形の卵巣癌にかかっていたことを発見した2年後に、2番目の子どもを期待していると報告した。

ミラーはこの夏予定している。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

さらに、彼女と夫ジョン・ファルコネティ(John Falconetti)には、3歳の息子ロッコ(Rocco)がいる。

米国史で最も飾り立てた体操選手は、医者が2010年の終わりに、卵巣癌の一種である生殖細胞悪性腫瘍(germ cell malignancy, a form of ovarian cancer)を発見した時、彼女は再び妊娠することを望んでいた。

生殖細胞悪性腫瘍は、ほとんどの人々が30歳未満のティーンエイジャーと女性に一般に生じて、卵巣癌と見なされるものと同じではない。

しかし、その結果はまったく、同じくらい恐ろしくなりえる。

腫瘍を備えた卵巣は2011年1月に削除されました。
また、ミラーは次に9週間の化学療法をした。

彼女は、今癌がないと言っている。

ミラーは世界総合チャンピオンに2度なった。
彼女は世界選手権で9個、オリンピックで7個のメダルを獲得した。

彼女の成功を祈る!

世の中には、いろいろな奇跡と、新しい技術が開発されている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。