gaYa広告

2013年01月14日

裁判官クラレンス・トーマスは7年ぶりに話した。

AP通信は、裁判官クラレンス・トーマス(Justice Clarence Thomas)は月曜日にほぼ7年ぶりに初めて最高裁判所議論(upreme Court argument)で何かをした。
彼は話した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

しかし、彼がアイビーリーグ弁護士(Ivy League lawyers)に関して冗談を言ったように見える以外で、トマスが言ったことは明らかではなかった。

議論記録は単に短い言葉を記録した。

それは、トマスが「よく、彼はしませんでした...」と言ったと伝えた。

数人の裁判官は反応して笑った。

ルイジアナの弁護士カーラ・シグラー(Louisiana lawyer Carla Sigler)は、
「私はそれに反駁しましょう。裁判官トマス。」と返事した。
法廷の2人の弁護士が、トマスがアイビーリーグ・ロースクールに関して冗談を言っていたと言い、それがトマスの母校、イェールおよび他方を犠牲にしてあると一人は言いましたが、次第に変化する、ライバル・ハーバードが冗談の残部であると言った。

裁判官クラレンス・トーマス、2006年2月22日以来ずっと法廷中の質問をしていない。

それで裁判が成立するのか?

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。