gaYa広告

2013年01月13日

少年のフェースブックで、アイオワ兄妹が65年後に再会した。

AP通信は、7歳のフレンドによるFacebook検索により、幼いときに養育の中で別れてから65年後、アイオワで彼は妹と再会した。

ダヴェンポートのクリフォード・ボイソン(Clifford Boyson of Davenport)は土曜に、彼の姉ベティー・ビラダウ(Betty Billadeau)に会った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ベティー・ビラダウは、ダヴェンポートのホテルでの再合のため、彼女の娘と孫娘、ミズーリ州のフロリサント(Florissant, Mo.)の彼女の家から運転してきた。

66歳のクリフォード・ボイソンと70歳のベティー・ビラダウは両方とも、成功しなかったが、互いに何年も見つけようとしていた。

2人は、子どもだった時、シカゴの異なる児童養護施設に預けられた。

その後、クリフォード・ボイソンの主人の息子である7歳のエディ・ハンゼリン(Eddie Hanzelin)は深く関わり合っていた。

エディはiPadで、彼のママのビラダウの旧姓を備えたフェースブック・アカウントの探索により、どうにかビラダウを見つけた。

彼は、彼女の写真を見た時、家族的類似を認識した。

彼が、ビラダウを見て執着した時、ボイソンは「Oh, my God」と言った。

ビラダウが、「あなたには妹がいます」といった。

ボイソンは、「あなたはほぼ同じママでだった。」と言った。

ビラダウの娘で42歳のサラ・ビラダウ(Sarah Billadeau)と27歳の孫娘メガン・ビラダウ(Megan Billadeau)は、遠方に涙を拭き、再合中に微笑んだ。

それらの悲痛な再合の終了の近くで、ボイソンとビラダウは彼の捜査に感謝してUS$125の小切手をエディに提示した。

昔は、桂小金治の司会で似たテレビ番組『それは秘密です!!』で「ご対面コーナー」もあったが、現在はiPadでFacebookを使って探す時代になった。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告