gaYa広告

2013年01月13日

キューバで、コレラ・パニック!

美容と医学の科学

BBC Newsは2013年01月13日に、キューバの首都ハバナ(Cuba's capital, Havana)でより貧しく、もっと混雑した地区のうちの1つセッロ(Cerro)の46歳になる理髪師ウバルド・ピーノ(Uvaldo Pino)は12月に、嘔吐と下痢苦しみ、2013年01月60日に病院で死んだと報告した。

理髪師の家族は、彼がコレラ(Cholera)のために2つの別個のテストをしており、両方が陽性であったと言っている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

彼の妹ヤニセイ・ピーノ(Yanisey Pino)は、首都のレボリューション・スクエアから少数のブロックにある家族の自宅でBBC Newsに、「私たちは、彼がどのように感染したか知らない。」と伝えた。

「彼は薬をすべて持っていました。しかし、彼の器官は反応しませんでした。すべて遅すぎました。」と話した。

ヤニセイ・ピーノは、兄が大酒飲みで、彼がはじめて病院に受け入れられた時に、病院で自分をチェックした、と付け加えた。

ウバルド・ピーノの死から1週間後に、キューバの健康省はまだ公の公告をしていない。

しかし、理髪師の事例が隔離された1つではないというサインが増加している。

医者は今、ハバナで戸別の究明を行なっている。
また、コレラでありえる症状を表示する人は誰でもテストされている。

疑似患者は熱帯医学研究所(Tropical Medicine Institute)IPKに派遣されている。

彼女がさらにコメントするのを認められなかったと言う前に、IPK従業員は「私たちのすべての監視はこの問題に対処している」 それらはほとんど十分であった。と電話でBBCに伝えた。

その後連絡を受けて、さらにメディアと話をすることを認められなかったもう一人の職員は、IPKがこの時点で承認されたコレラ患者がいなかったと言った。

しかし、ヤニセイ・ピーノは、彼女の兄が地方の病院とIPKの両方によってコレラと診察されたと言った。

小さな庭のまわりのいくつかの狭苦しい家で、ウバルド・ピーノが死んだ日に、彼が生きているところへ、ヘルスワーカーは家族を訪ねてきた。

親類と隣人は警戒として、抗生物質が出された。

そのエリアは消毒された。
また、試水は試験のために採取された。

その間に、近くのバーとカフェテリアは閉まっているか、あるいはあらかじめパックされない食物や飲料を売らないように命じられた。

他のところの近隣でも、同様の場面があった。

1人の居住者ユデルミス(Yudermis)は、7歳の彼女の息子を含む、4人の他の親類に加えて新年の直前に病気になった。

家族は、彼らが食中毒であると考えた。
しかし、ユデルミスは、その後、彼女のいとこに彼らの地方診療所でコレラのテスト結果が陽性と出たと言っている。

近くで、今完全に回復した彼女の息子が遊ぶとともに、彼女は、それらの項目別報告として、「その後、私たちが下痢を持っていたかどうかのように、質問をして、ヘルスワーカーはここに来た。」と実家の内部で説明した。

「それらは救急車で病院へ私たちにすべてを送りました。また、テストは陽性であった。」

「IPKには、多くの人々がいました」とユデルミスは、彼女が扱われた一方多数の承認について記述し、彼女から、すべてがセッロの地区とは限らずに付け加えた。

「私は悪い方法でいました。それは恐ろしかった。しかし、私たちは今元気です。」
彼女が病気になる前に、ユデルミスはコレラについて聞いていなかった。

コレラはキューバにおいてまれなことであった。

WHO(World Health Organisation/世界健康機構)はコレラを「非常に有毒なもの」と、評している。

島に革命の夏以来、その前まで、重要な発生がなかった。

しかし、7月に、健康省は、3人が国の東でコレラによって死んだことを確認した。

汚染された井戸が、出所であると確認された。

ユデルミスの自宅から徒歩でいけるセッロ・モデルネ・カフェ(Cerro Moderno cafe)のトニーは、
「私たちは、一層の通知およびすべての食物販売が保留されるまで、密封したボトルにないものは何も売ることができません」と説明している。

その冷蔵庫は空であった。

地方の医者は、誰かにコレラは陽性のテスト結果が出ると、その位置のすべてのまわりで、いくつかがブロック用標準手順であることを確認した。

トニーは、「私は、コレラは何か知りません。また、私は見つけ出したくありません。ここの人々は塩素を使用しており、彼らの水を沸騰させています。世話をしなければなりません。」と言っている。

都市を横切った薬屋は、今1人当たり2つの小ビンに配給された浄水低下を売っている。

しかし、古いハバナの観光客中心に、カフェとレストランは開いたままである。
また、通りは行商の食物でまだいっぱいで、ベンダーを飲んでいる。

大部分は、彼らがセッロのコレラ発生についての噂を聞いており、余分な予防措置を講じている、と言っている。
しかし、だれもどんな公式指示も受けていない。

ハバナで、そのタスクは、彼らのコミュニティーに非常に接続される地方の医者にこれまで任せられた。
しかし、噂が情報空間を満たすとともに、通りに関する懸念は高まっている。

ヤニセイ・ピーノは、「私はなぜ何もこれに関するテレビでないのか理解しようとして、頭を絞っています。」
「なぜ彼らは何かを言わないのですか。他の国々でのように、人々に通知してください。したがって、それらは恐れていなく、それら自身を保護することができます!しかし、情報は全くありません。」
と多くの民のコメントを繰り返して言った。

情報を隠す方が、パニックにならないと政府は考えるが、情報化社会になった現在で、実際は情報が少ないほどパニックになる。

とくに中国、ロシアを始め、共産国家は情報を管理しようとするが、形のない情報は簡単に漏洩し、パニックになる。その典型が中国版TwitterシーナのWeiboでの混乱である。

2013-01-07---ブラッド・ピット、中国語版Twitterでツイーツ!で大騒ぎ!
2012-12-29---中国のマイクロブログの1年!セックス、嘘、ビデオ!
2012-09-15---世界中で噂になっていた中国の副主席習近平が公の場に現れた。
2012-09-13---中国の国営メディアが、不在のリーダー習近平について記事にした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。