2013年01月13日

大洋の深海で、日本の科学者がオオイカをビデオ上で捕らえた。

AP通信は2013年01月09日に、数年間の探索後に、科学者とNHKは、海洋で自然に生息しているオオイカ(Giant squid)のビデオ画像を深海で初めて捕らえたと言ったと報告した。

3m(9フィート)の無脊椎動物は、日本の公共放送局NHK、ディスカバリー・チャンネル(Discovery Channel)、国立自然科学博物館(National Museum of Nature and Science)による合同探検隊が太平洋で100の潜水のうちの1つで、この前の夏に有人潜水艇から映像で覆われた。

NHKは、今週の日曜2013年01月13日の遭遇に関する番組に先立ってオオイカの写真をリリースした。
ディスカバリー・チャンネルは、2013年01月27日にその番組を放映する。

つまり、世界に先駆けて、日本人が最初に、その映像を見ることができる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

NHKは、2つの最長の触手を持つヤリイカは不可解で、見当たらなかった、そ回は東京から南に約1,000km(600マイル)の父島の東方の水域、水深900m(2,950フィート)の地点でそれを撮影した。

科学者が研究を行なうことをその荒い環境が困難にするので、創造物についてほとんど知られていない。

もちろん、水族館で飼うことも不可能だろう。

標本は、海岸で陸上へ打ち寄せられた。
しかし、これまでに、海洋でそれらの正常な生息地の深海で映像として覆われたことが決してないと、研究者は言った。

遭遇の時に潜水艦にいた日本人動物学者窪寺恒己(Tsunemi Kubodera)は、長さ1m(3フィート)のダイヤモンド・ヤリイカ(diamond squid)を備え、潜水艦からのライトがすべて切って待機し、オオイカを誘惑することができた。

640m(2,100フィート)の深さで、オオイカが現れ、その腕で餌をくるみ、そして、放す前に20分以上の間それを食べていた。

2002年以来オオイカを研究している窪寺恒己は、「私たちがこの経験から獲得することができたものはその捕獲を攻撃するオオイカの瞬間でした。私たちにとって、素晴らしい記録だった。」と言っている。

その他の科学者では、この夏に400時間のダイビングを記録し、米国の海洋学者と海洋生物学者エディス・ウイダー(Edith Widder)とニュージーランドのスティーヴ・オーシア(Steve O'Shea)であった。

NHKは、海洋の深海で作動することができ、オオイカの敏感な目に見えない光の特別の波長を使用したプロジェクトのために高解像度カメラが開発されたと言った。

窪寺恒己は、遭遇を可能にするために科学的調査、技術および正しい餌などをすべてともなわせて、この場合は、深海の創造物をより多く、明確にするだろう、と言った。

オオイカを捜して海へ出かけることに10年間以上を費やした彼は、それに直面した瞬間を賞味した。

「それが、100回の潜水で、一度だけ現われました。非常に恐らく、オオイカで構築した、ある種類の関係で10年間以上の後、私は恐らく、私に会うために来たのはヤリイカでした。と感じます。」

確か、オオイカはマッコウクジラの餌で、マッコウクジラは大量のオオイカに遭遇し、食べていると言われていた。
そのオオイカの餌を研究したことが勝算に貢献したのだろう。

窪寺恒己は、2004年には世界初となる生きているダイオウイカのデジタル画像を撮影し、学術誌に公表して世界中の注目を集めました。
2006年には、ダイオウイカを生きたまま海面まで釣り上げ、その行動を撮影して、世界に発信した。

私はイカを食べるのが大好きだが、ダイオウイカはどんな味なのだろう?

私は、食べてみないと判らないと言うことで、パピルスを研究しているときに、生を始め、煮たり、焼いたりして食べた。

父島のGoogle Earthポインター情報
27° 4'30.19"N,142°12'41.77"E
または、
27.075053, 142.211603

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。