on-the-time.jp

2012年12月04日

アフリカで百獣の王ライオンの数が減っている。

AP通信は、人間が土地に追いつき、ライオンの個体数が減少するとともに、アフリカのサバンナを歩き回るライオンは過去50年間に生息地の75%も失った、と火曜日に発表された研究調査は言った。

著名な保護論者スチュアート・ピムを含むデューク大学の研究者(Researchers at Duke University, including prominent conservationist Stuart Pimm)は、大陸を横切ったライオンの数、信じられない圧力の下の西アフリカの数とともに32,000ほどまで減少したことを警告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2012年12月04日火曜日に雑誌「Biodiversity and Conservation(生物多様性と保存)」で公表した、研究調査では、「ライオン番号は、前世紀に性急に減少した。」と言っている。

The size of savannah Africa: a lion's (Panthera leo) view
Jason Riggio1, 14, Andrew Jacobson1, 14, Luke Dollar1, 2, 14, Hans Bauer3, Matthew Becker4, 5, Amy Dickman3, Paul Funston6, Rosemary Groom7, 8, Philipp Henschel9, Hans de Iongh10, 11, Laly Lichtenfeld12, 13 and Stuart Pimm1, 14
(1)Nicholas School of the Environment, Duke University, Durham, NC 27708, USA
(2)Department of Biology, Pfeiffer University, Misenheimer, NC 28109, USA
(3)Wildlife Conservation Research Unit, University of Oxford, Recanati-Kaplan Centre, Tubney, OX13 5QL, UK
(4)Zambian Carnivore Programme, PO Box 80, Mfuwe, Zambia
(5)Department of Ecology, Montana State University, Bozeman, MT 59717, USA
(6)Department of Nature Conservation, Tshwane University of Technology, Pretoria, South Africa
(7)Department of Zoology, University of Johannesburg, PO Box 524, Auckland Park, 2006, South Africa
(8)African Wildlife Conservation Fund, 10564 NW 57th St., Doral, FL 33178, USA
(9)Panthera, 8 West 40th Street, 18th Floor, New York, NY 10018, USA
(10)Institute of Environmental Sciences, PO Box 9518, 2300 RA Leiden, The Netherlands
(11)Department Biology, Evolutionary Ecology Group, University of Antwerp, Groenenborgerlaan 171, 2020 Antwerpen, Belgium
(12)African People & Wildlife Fund, PO Box 624, Bernardsville, NJ 07924, USA
(13)Department of Forestry and Environmental Studies, Yale University, New Haven, CT 06511, USA
(14)National Geographic Society, Big Cats Initiative, Washington, DC, USA

Stuart Pimm
Email: stuartpimm@me.com
Received: 14 July 2012Accepted: 4 October 2012
Published online: 2 December 2012

Biodiversity and Conservation, online Dec. 4, 2012.
Doi: 10.1007/s10531-012-0381-4 Provided by Duke University

「多数が今、小さな隔離集団に生きているとすれば、この傾向は継続するでしょう。西アフリカの状況は、特にひどく、現在地域の国立公園の多くにライオンがいない。」

50年前に、ほぼ100,000頭のライオンがアフリカの大陸を横切って歩き回っていた。

近年、しかし、常に成長している人口母集団は、落ちついて、発達するために、サバンナ領域に入りました。

それは、ライオンが放浪しなければならない土地の量を減らして、ならびにそれを分割したと、研究者は言った。

衛星画像を使用して、研究者は今、ライオンに利用可能な野生で、最小に人間の成長によって密着させられるままである量の土地を決定した。

それらの国は急速に縮小しており、より多くの領域が恐らく次の40年に失われるだろう、とその報告書が述べた。

2002年の研究が実行されて以来、アフリカの5か国が恐らく彼らのライオンを失った、とその報告書が述べた。

9か国だけが少なくとも1,000頭のライオンを含み、その一方でタンザニアだけが、大陸のライオンの40%以上が生息している、とそれが言った。

「明白な警告は、私たちがそのためにほとんど耕地へのサバンナの転換を検知しないエリアがそれらをライオンに適さなくする人間のインパクトをまだ受けるかもしれないということです」とその報告書が述べた。

ペルシャポリスやバビロン、ローマのコロシアムで登場したアジア・ライオンは全滅の危機にあり、アフリカライオンも絶滅に向かっている。
元気なのはアップルのライオンだけで、初日100万を上回っている。

2012-11-05---野生の動物がイギリスを歩き回ったとき!?
2012-10-31---アフリカ象の産児制限としての避妊法。
2012-09-18---シベリアの動物園で、世界初のリリガーが生まれた。
2012-08-28---イギリスのエセックスで、ライオンのような大きな猫を発見!?
2012-08-28---エセックス「ライオン」は私の猫です!
2012-07-12---ナミビア-キューバ「ノアの箱舟」計画、非難の的!
2012-02-28---アフリカのサバンナで、中国の虎を救うことができるか?
2011-10-19---オハイオ動物園から、熊、虎、ライオンおよびオオカミが大脱走!
2011-07-20---アップルのライオンは初日100万を上回っている。
2011-06-07---さよなら「Mac」、こんにちは「Lion」
2011-03-01---「ライオン」のプレビューには、スティーブ・ジョブスへの静かな捧げ物がある。
2010-10-20---次期MacOS「ライオン(Lion)」は、公開された。
2010-08-31---カイロ動物園は、ライオンに人間の経口避妊薬を使っている。
2009-09-01---虎とライオンの混血「タイゴン」誕生。
2008-06-30---サーカスの大脱走!
2007-11-01---「猫」のDNAをほぼ解明!
2007-06-01---世界で唯一ライオン狩りができる国が動いた!
2007-04-09---アジア・ライオン、全滅の危機。
2007-02-20---南アフリカで大きい動物の狩りは許可されなくなると報告した。
2006-03-23---「ライオン・キング」の主題歌の著作権を支払うことになった。
2005-03-12---動物を使ったイベント事業者が集まった会議が開催された。
1988-10-00---BC3万年頃に、腕に入れ墨、頭にはライオンの飾りを付けていた。
1980-01-03---「野生のエルザ」の著者アダムソン夫人が殺された。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。