2012年11月15日

セントヘレナ島沖の雲渦。

NASAは2012年11月29日に、テラ・サテライト(Terra satellite)が2012年11月15日に南大西洋上を通過したとき、Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer(中分解能撮像分光放射計計器)で、トゥルー・カラー・イメージで、セントヘレナ島(St. Helena Island)の風下側の方へ引きずる風褐色雲渦のバンドを捕らえた時の画像を公開した。

セントヘレナ島は、アフリカのおよそ1,860km(1,156マイル)西の小さな島である。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

起源として火山なので、そこには急な坂、鋭い頂上および深い峡谷を備えた荒れた地形学である。

洋を横切った何百ものマイル妨げられていずに吹くことができる風は、山脈の顔を打ち、硬い土地のまわりで強要される。

それが島のまわりで吹くとともに、大気はちょうどなだらかな川のように、風下側で回り、積もることの川下の側に渦を形成する。

回る風は複雑な(かつ数学上予測可能な)パターンを形成する。
雲が空にある場合、これらの美しいパターンは上から目に見えるようになる。

Credit: NASA/GSFC/Jeff Schmaltz/MODIS Land Rapid Response Team

セントヘレナ島(St. Helena Island)のGoogle Earthポインター情報
15°56'60.00"S,5°43'0.00"W
または、
-15.95, -5.716667

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト