on-the-time.jp

2012年11月19日

ソユーズ、大気圏に再突入!

NASAは2012年11月20日に、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)から、ソユーズTMA-05M降下モジュール(Soyuz TMA-05M descent module)が、地球大気圏を再突入し入れ始めたときを見た写真を公開した。

Expedition 33乗組員3人を乗せたソユーズTMA-05M降下モジュールは、夜明け前の着陸に向けて、カザフスタンの大草原にプラズマと共に落ちていく。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この中に、人間が3人も搭乗し、生きていると考えると恐ろしくて、宇宙旅行など飛んでもないと考えたくなる。

まるで流れ星のようで、もし、流れ星の中に宇宙人が乗っていたら!?

Expedition 33の船長スニタ・ウィリアムズ(Expedition 33 Commander Sunita Williams)と、日本人宇宙飛行士星出彰彦(Akihiko Hoshide)、ロシア人宇宙飛行士ユーリー・マレンチェンコ(Yuri Malenchenko)は、日曜日の午後8:56 EST(月曜午前7:56/カザフスタン時間)に、スターバックスはなく、マクドナルドもなく、セブン・イレブンもない人里離れた町アルカルイク(Arkalyk/Арқалық/Аркалык)の北東へ着陸した。

Image Credit: NASA/SDO/Steele Hill - Double Trouble

人里離れた町アルカルイク(Arkalyk)のGoogle Earthポインター情報
50°14'47.39"N,66°54'43.54"E
または、
50.246497, 66.912094

2012-11-19---ハイウエイパトロールに逮捕された瞬間のような、日本人宇宙飛行士星出彰彦の帰還。
2012-11-09---「惑星間のインターネット」テストを実施!
2012-10-26---米国と日本人宇宙飛行士が、ISSのトイレ修理で宇宙遊泳。
2012-10-10---自分の宇宙服を担ぐ、宇宙飛行士。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト