2012年11月19日

イラン、紛争のシリアにガス・パイプライン建設を開始。

AP通信は、イランの半官民通信社は、国際制裁によって乱打されたそのエネルギー部門を押し上げる努力の一部として、イランのNIOOC(National Iranian Drilling Company)がシリアへのUS$100億の天然ガス・パイプラインを構築し始めたとNIOOC(National Iranian Offshore Oil Company)のディレクターMahmoud Zirakchianzadehが言ったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ファールス通信社(Fars news agency)による月曜の報告書は、シリアに到着する前に、イラクを1,500km(750マイル)のパイプラインが通り抜けるだろうと述べた。

それは、US$30億の概算原価で225km(140マイル)の連続に関するプロジェクトの第1段階としてイランで構築を始められたと言った。

ファールス通信社は、全プロジェクトが2013の後半に完了されることになっていると言った。

この取り引きは先の7月に、イランとイラクおよびシリアの間で署名された。

イランは28兆の立方mと見積もられて、世界の2番目に大きな天然ガス埋蔵量を持っている。

紛争のど真ん中には、ビジネスがある!

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。