on-the-time.jp

2012年11月15日

ユーロ圏は、ドミノ式に次第に全体が後退していった。

AP通信は、地域の金融危機からの降下がアムステルダムからアテネへと感じられたとともに、17カ国のユーロ圏は3年ぶりに初めて、全体が後退へと倒れていったと報告した。

そして調査で、ますます厳粛に高失業率の時、17メンバーのグループを横切った不況状態は、景気後退が深くなり、それは遅いことの中でより静かだったが、かつ累積債務危機をさらに扱いにくくすると予測されている。

木曜日の公式数字は、ドイツとオランダを含む経済が要求苦しむとともに、7月〜9月時期の四半期からユーロ圏が0.1%以前から縮まったことを示しました。

それは、EUの統計オフィスEurostatによって報告された衰退が市場予測に従い、第2四半期に記録された0.2%の落下から続いた。

その結果、ユーロ圏は、技術的に連続24分の1の出力になることによって、一般に定義される後退中ということになる。
ユーロ圏経済は7月〜9月の四半期に主要な経済学による計算によれば0.2%の年率で縮んだ。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

Lombard Street Researchの経済学者マイケル・テーラー(Michael Taylor, an economist at Lombard Street Research)は、「ユーロ圏経済は、既存債務危機のためのよい背景として、第4四半期、およびく2013年の中へ下落を継続するでしょう。」と言っている。

ユーロ圏の厳しい3年の累積債務危機のために、地域は世界経済に対する懸念の主な焦点になっている。

今年の年末が底値で、来年になると回復傾向になるというのは、期待であって、実際はさらに落ちていくのかもしれない。

その間、世界の金融は根こそぎやられるかもしれない。

地域は、3億3200万人と、米国の最大の輸出顧客である。

また、要求でのどんな減退も注文を打つことが考えられる。

米国が、2008-09年の後退からどうにか立ち直っている一方中国は高い伸びを記録し続け、ヨーロッパの経済は急下降にあり、任意の改良のわずかな表れが近いうちに起こると言われている。

先週、欧州連合のアームは、ユーロ圏経済が今年0.4%縮むだろうと予測した。
その後2013年に貧弱な0.1%の成長だけで終わる。

ユーロ圏は、主としてその最大の単一の経済、ドイツの強さのおかげで、米国投資銀行リーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)の崩壊に続く金融危機以来、景気後退に返らないようにした。

しかし、輸出品がユーロ圏の大きな塊を苦しめる経済問題に照らして流出するとともに、その国さえ今苦闘している。

ドイツの経済は、前の四半期の0.3%の増加から下降して、第3四半期に0.2%成長にとどまった。

去年にわたって、ドイツの年間成長率は1.9%から0.9%まで半分以下にされている。

木曜日にベルリンでリポーターに話した時、ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)は、肯定的なノートを打とうとした。

「私は、再び急速に立ち直るために、私たちはみな取り組んでいると思います。」
「私たちは、経済成長が遅くなっていることを理解します。全面的、私たちはユーロ圏の中に小液滴を持っています。しかし、さらに、私は非常に楽観的です。私たちが政治的な宿題をする場合...私たちは、この小さな下落の後に再び成長を持つでしょう。」と彼女が言った。

恐らく、ユーロ圏のメンバー中の最も劇的な下落がオランダで見られた。
オランダの経済は、前の四半期に1.1%縮んだ。

ユーロ圏で、ギリシャ、スペイン、イタリア、ポルトガルおよびキプロスの5カ国は、景気後退中である。
それらの5つはさらにヨーロッパの累積債務危機の中心であり、浮いてとどまろうとして、賃金と年金へのカットおよび税への増加のような緊縮政策を課している。

それは、労働者の収入および生活水準を打つことと同様に、これらの法案は失業の中で経済生産高の下落および急増にさらに結びついた。

スペインとギリシャは、25%以上の失業率である。

それはさらに世界のリーディング・カンパニーのための販売の主な源である。
マクドナルドのグローバルな収入の40%はヨーロッパから来ている。
昨年、ヨーロッパで170万台を売られて、それが米国GM(General Motors/ゼネラル・モーターズ)でその間にその世界的な販売の5分の1以上を生成する。

ヨーロッパが転ければ、ドミノ倒しは世界中に広がる。

世界経済のために、どこまで持ちこたえるか?

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告