on-the-time.jp

2012年11月15日

エルビス・プレスリーの派手な服を作っていた男がテネシーで死去した。

音楽ファッション

AP通信は、メンフィス(Memphis)の小売り業者で、若いエルビス・プレスリー(Elvis Presley)が1950年代にペッグパンツ(pegged pants)、ツートンカラーの靴(two-toned shoes)および他の派手で、彼の署名な衣類スタイルを確立するのを助けたバーナード・ランスキー(Bernard Lansky)が85歳で死去したと報告した。

バーナード・ランスキーの娘ジュリー・ランスキー(Julie Lansky)は、2012年11月15日木曜日にメンフィスの自宅で死去したと言いました。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

バーナード・ランスキーと兄弟のガイ(Guy)は、父親のサミュエル(Samuel)からのUS$125のローンの支援で、1946年にメンフィスで小売り店Lansky Bros.を始めた。

第二次世界大戦の後、店は、ビール・ストリート(Beale Street)で陸軍補給部隊品物を売り始めた。

陸軍補給部隊品物の供給が乾いた時、男性の最新ファッションを開き、バーナード・ランスキーは自然なセールスマンで作家としての彼の評判を確立した。

Lansky Bros.は、プレスリーにピンクと黒いシャツ、および他の用品を供給した。

ジュリー・ランスキーは電話インタビューで、「それは、彼が史上最も有力な芸能人のうちの1人に服を着せたと言うステートメントです。」と言った。

「彼は、他の芸能人と異なっているように見えなければならないことを知っていました。」

輝くジャンプスーツを含め、服の彼のスタイルはこの数年にわたって変わったが、プレスリーはLansky Brosで買い物をした。

エルビス・プレスリーは1977年に、グレースランドのメンフィスにあった自宅で死去した。

バーナード・ランスキーは、埋葬されるとき、プレスリーが着用していた白いスーツと青いタイを選んだ。

バーナード・ランスキーは、「私は彼に最初のスーツを押しつけて、彼の最後のスーツを押しつけました。」
と言うのが好きだったと言っている。

バーナード・ランスキーが好きだったエルヴィス物語のうちの1つは、彼がロックンロールのその将来のキングにどのように最初に会ったかであった。

プレスリーは近くの劇場の案内人としてティーンエイジャーのときに、Lansky Bros.でウインドーショッピングをすることが好きであった。

「彼は言いました、『私は、裕福になったら、あなたから権利を買い取るつもりです。』と言いました。」
「私は、『私から権利を買い取りません。私から単に買うだけです。』と言いました。」
「彼は私を忘れませんでした。」

プレスリーは1954年に、「That's All Right,」をオールド・サン・スタジオでトップを記録させた。
やがて、プレスリーの星は昇っていき、また、彼は真面目のLansky Bros.で買い物をし始めた。

プレスリーが群衆を集めないようにするため、彼がチェックアウトするためにグレースランドに用品を持っていったり、しばしば夜店を開いた。

Lansky Bros.は、ビール・ストリート歓楽街からピーボディー・ホテルへ、1981年に移転した後も、ファンを集め続けた。

B.B.キング(B.B. King)、カール・パーキンス(Carl Perkins)、ジョニー・キャッシュ(Johnny Cash)、ZZトップ(ZZ Top)、キッス(Kiss)およびホーティ(Hootie)のような芸能人や買い物客は訪れている。

1980年代にバーナード・ランスキーとガイ・ランスキーは、別々の店になった。

1997年には、ビール・ストリートの古い店跡で、「Elvis Presley's Memphis 」というナイトクラブを開いた。
それは2003年に閉じた。
また、建物はもう一度未使用にしておかれた。

バーナード・ランスキーと息子のハル(Hal)は2001年に1950年代スタイル衣服で現われた。

また、ピーボディーのそれらの4軒の店のうちの1軒は、「Lansky 126」(古いビール・ストリート店の街路番号)と呼ばれた。

4軒の店はすべて今日まで開いている。

バーナード・ランスキーは、ほとんどの人が引退しても働き続けた。

Lansky 126(Lansky Brothers)のGoogle Earthポインター情報
35° 8'33.47"N,90° 3'6.57"W
または、
35.142631, -90.051825

2012-06-07---エルビス・プレスリーは、デジタル化で再生。
2012-04-14---メンフィス・ホルンのアンドリュー・ラブが死去した。
2011-09-02---エルビス・プレスリーの遺産権者は、Aristaを訴えた!
2010-07-27---プレスリーの白いグランドピアノがオークションに掛けられる!
1960-10-25---プレストウィック空港にエルビス・プレスリーが来た。
1958-03-24---エルビス・プレスリーが、ドイツの米国駐留施設に勤務した。
1956-11-15---映画ラブ・ミー・テンダーをニューヨークで初演した。
1954-07-05---エルビス・プレスリーがSunスタジオで最初のレコーディングをした。
1935-01-08---プレスリーが生まれた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。