on-the-time.jp

2012年11月15日

米国史上最大になるBPの刑事罰。

BBC Newsは、2010年の深海で起こした災害に関する刑事告発で、BPはUS$30億〜50億の刑事罰判決を受ける覚悟はできていると報告した。

BBC経済部長ロバート・ペストン(Robert Peston)は、それは米国史上最も大きな刑事罰になるだろうと言っている。

司法省との合意は、刑事告発へのBPの有罪答弁を含んでいる。

4人までのBPのスタッフは逮捕されるかもしれないと考えられている。

そう言えば、東京電力の原発事故に対する刑事罰が報告されていない。
もちろん、責任者の収監も考慮すべきだろう。

だれも刑事告発しないのか?
民間企業を起こした事件であり、無罪は、あり得ない!

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

頭を下げて、逃げるのは卑怯すぎる!

この世の中に、不可抗力など無い!
すべてに何らかの人的原因がある。

うやむやで、補助金まで受けて解決するとしたら、日本は企業の無法地帯と言える。

解決の詳細が後でワシントンの司法省によって確認されると予想され。

以前にBPは、それが犯罪者および他のクレームの解決で、米国の機関との「高度な議論」で関係していると言った。

BPは、どんな取り引きも個人を含む一連の他のクレーム、および水質汚染防止法の下の破損のための連邦クレーム、ならびに経済的損失のための州クレームを含まないだろうと言った。

2010年の深海の地平線災害は11人の労働者を殺し、87日間メキシコ湾へ天然のままの原油を何百万バレルもリリースした。

その解決は司法省が2009年に、薬品メーカー・ファイザーに課された最大の企業刑事罰US$12億の罰金)よりはるかに大きい。

大手石油会社は、クレームをすべて解決する資金を調達するために数十億ポンドの価値の資産を売却している。

今年の年末までにその会社がUS$8億6000万の最終決済をUS$200億メキシコ湾補償資金にすると予想された。

BPは、その事件からのその負債をカバーするためにUS$381億の条件を記入した。
しかし、会社は、総原価が高度に不確かなままだったと言った。

2011-04-03---メキシコ湾海底油田爆発で大もうけした会社!
2011-02-28---メキシコ湾原油流出事故以来、最初の深層ドリル許可証。
2010-07-14---NASAは、湾の重油流出野生生物回復を支援。
2010-06-06---米国史上最悪の環境災害を封じ込む作戦。
2010-06-03---メキシコ湾の原油流出で、とんでもない提案があった!
2010-05-21---最悪のメキシコ湾重油流出で、ハリウッドの技術をテストする。
2010-04-20---ゴルフコースト(Gulf Coast)の油膜の拡大。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト