gaYa広告

2012年11月15日

妊娠中に、1週間当たり1〜2杯のワインでもIQに影響?

美容と医学の科学

BBC Newsは、妊娠中に1週当たり1〜2杯のワインを飲むことは、子どものIQに影響を及ぼすかもしれない、という研究が報告されたと言った。

オクスフォードとブリストルの大学(Oxford and Bristol universities)の研究者は、それらの母親のアルコール採用を記録すると同様に4,000人の子どものIQスコアを見た。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

それらは、妊娠中に1週当たり1〜6ユニットの「適度な」アルコール摂取がIQに影響することを知った。

専門家は、結果が小さいと言いったが、妊娠中のアルコールを避ける必要性を強化した。

従来の研究は、大部分は母親の年齢および教育に効果があってもよい他の要因を分離させるのが難しいので、低いレベルのアルコールが妊娠において有害かどうかについて、一貫しなく混乱させる証拠を提示した。

しかし、今回雑誌「PLOS One」で公表された研究結果は、社会結果あるいはライフスタイル結果に接続されない遺伝子の変化を見ることにより、それを除外した。

Fetal Alcohol Exposure and IQ at Age 8: Evidence from a Population-Based Birth-Cohort Study
Sarah J. Lewis1*,
Luisa Zuccolo1,2,
George Davey Smith2,
John Macleod1,
Santiago Rodriguez1,2,
Elizabeth S. Draper4,
Margaret Barrow5,
Rosa Alati6,
Kapil Sayal7,
Susan Ring1,
Jean Golding1,
Ron Gray3

1 School of Social and Community Medicine, University of Bristol, Bristol, United Kingdom,
2 MRC Centre for Causal Analyses in Translational Epidemiology, School of Social and Community Medicine, University of Bristol, Bristol, United Kingdom,
3 National Perinatal Epidemiology Unit, University of Oxford, Oxford, United Kingdom,
4 Department of Health Sciences, University of Leicester, Leicester, United Kingdom,
5 Clinical Genetics, University Hospitals of Leicester, Leicester, United Kingdom,
6 School of Population Health & Centre for Youth Substance Abuse Research, University of Queensland, Queensland, Australia,
7 Developmental Psychiatry, University of Nottingham, Nottingham, United Kingdom

Published on November 14, 2012
PLoS ONE 7(11): e49407. doi:10.1371/journal.pone.0049407
Received: September 29, 2011;
Accepted: October 9, 2012;
Published: November 14, 2012

研究で、子どもと母親の体内のアルコールを新陳代謝する遺伝子中の4つの遺伝変形が、年齢8でより低いIQと強く関係があることが分かった。

平均で子どものIQは、それらが所有した遺伝子変化につき、ほとんど2ポイント低かった。

しかし、この結果は、単に大酒を飲んできた女性の間でではなく、妊娠中に1週当たり1〜6杯の飲料を飲んだ女性の子どもの間で見られた。

研究者は、原因の結果を証明することができなかったが、それらが研究を行った方法が子どもIQの差に責任を負ったのが、子宮中のアルコールへの接触であることを強く示唆したと言った。

この研究をリードしたオックスフォード大学からロン・グレイ博士(Dr Ron Gray, from Oxford University(は、違いは小さく見えたがそれらが多分重要で、そのより低いIQが、社会的に損害を与えられ、不健康を持っており、さらにより若く死ぬにことに関係していることを示された、と付け加えた。

保健省のスポークスマンは、2007年以来、彼らの助言が、想像しようとしているか妊娠している女性がアルコールを避けるべきということだったと言った。

しかし、産科学のコンサルタントおよび胎児の母の医学のクレア・タワー博士、は、マンチェスターのStメアリー病院(Dr Clare Tower, consultant in obstetrics and fetal maternal medicine, at St Mary's Hospital, Manchester)で、妊娠に時々のアルコール飲料を持っている女性が過度に発見物にびっくりするべきでないと強調した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。