2012年11月15日

ユーロ圏経済は後退へ倒れる。

BBC Newsは、地域の累積債務危機が要求を妨げ続けるとともに、ユーロ圏は後退に返ったことを数字が示していると報告した。

前の3か月に0.2%縮んだ後、17か国のブロックの経済は7月から9月の間に0.1%縮まった、とEurostatが言った。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

経済が5期連続四半期で収縮した時、ユーロ圏は後退において2009年に最後でした。

ヨーロッパの何百万もの労働者が緊縮政策に対して、1日のアクションを保持した1日後、ニュースは来た。

スペイン、イタリアおよびポルトガルの抗議は暴力によって損なわれた。

国際的な貸し主によって救済されたギリシャおよびアイルランド共和国のような国々は、経済が縮むのを見続けている。

その間に、スペインのようなより大きな経済は救済措置を求めなければならないことを回避しようとして、支出削減を課した。

サクソ銀行のチーフエコノミストであるステーン・ヤコブソン(teen Jakobsen, chief economist at Saxo Bank)が、
「この[後退への落下]は、ドイツとオランダで遅くなっている世界成長および活動中の劇的な落下と結合した緊縮経済政策のために期待されました。」
「今週まで、社会的緊張が方程式の一部ではなかったので、過去2、3日は政策入力で大変化の新しい勢いを作成しました。調子が劇的に変わったように思われます。」と言っている。

ほとんど南ヨーロッパ中の多くの国々の緊縮政策は、給料、年金、利点および社会福祉事業のカットと課税強化を組み合わせた。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの教授ポール・ド・グラウベ(Paul De Grauwe, a professor at the London School of Economics)が、
「私たちは、今、完全に自作の二番底に入っています。」
「それは、南方の国々の過度の厳粛およびほかに何でもする北の不本意の結果です。」
「この分割(敵意さえ)も国々間で私が過去20年に見たより強い。今厳粛の程度が恐ろしい状態の非常に多くの人々を置いたので、それらはこれをすべて拒絶します。それは非常に危険な状況です。」と言っている。

以前から指摘されているように、年末に向けって、どこまで落ち込むか?
いつまで支えることができるか?
何を先送りできるか?

ひとつでも判断を間違えると、すべて押し流される!

スペインの経済が6月から9月の間に0.3%ずつ収縮した。
過去の週ポルトガルで発表された数値は、0.8%ずつ収縮した。
前の3か月と比較して、フランスの国内総生産は第3四半期に0.2%上昇した。

しかし、前の四半期はInseeが木曜日に言ったフランスの統計作用によれば、0から-0.1%に改訂された。

ヨーロッパの2番目に大きい経済フランスの財貨サービスの生産は、「54分の1の近い沈滞の後に」増加した、と言った。

ギリシャは、1年前と比較して、経済が第3四半期に7.2%縮まったと月曜日に言った。
オランダの経済は、南部が弱い経済のより多くの厳粛カットを通じて押すとともに、ヨーロッパの以前に健康な北が苦しんでいるとサインに付け加えて、1.1%縮んだ。

イギリスとスウェーデンのような国々を含むEU(European Union/欧州連合)の全体については、前の3か月に0.2%を収縮した後、経済は四半期に0.2%成長した。

イギリスの経済は、オリンピック大会のような一時的な要因によって支援されて、その年の第3四半期に1%成長した。

ユーロ圏はイギリスの最も大きな貿易相手国である。
また、ブロックの財産の下落は、今年の初めに景気後退へイギリスを押し戻すのを支援した。

米国では経済が、四半期に0.5%成長した。

成長は累積債務危機によって影響を受けましたが、ユーロ圏の最大の経済ドイツはまだ拡大している。

ドイツの経済は、今年の最初の3か月に見られた0.5%、前四半期に記録された0.3%の成長から下降して、7月〜9月の時期に0.2%成長した。

ドイツの成長は主として「外需」によって駆り立てられた、と連邦統計オフィス機関Destatisが言った。

先月、ドイツ政府は、アジアとラテンアメリカで縮小を新興国家におけるユーロ圏危機およびより弱い成長の責任にして、2013年の経済成長を1.6%から1%へその予測を切った。

ドイツのGDP(gross domestic product国内総生産)は2011年に3%、2010年に4.2%ずつ増加した。

その年の第4四半期にドイツで「この数週間および数か月に見られた否定データは、非常によくマイナス成長に結びつくかもしれない。」とNatixis銀行のアナリストが言った。

17か国のユーロ圏のほとんどのそのパートナーと異なり、ドイツは、ブロックを解く恐れがあった危機の最悪の影響を主として回避した。

今まで、輸出品をユーロ圏の外でより競争率が高くして、より弱いユーロから利益を得た。
しかし、ドイツの消費者はまだ支出している。

2012-11-12---ユーロ圏の大臣は、ギリシャの新しい資金について議論。
2012-11-07---米国で選挙に注目している間に、株価は1年で最悪に落ちていった。
2012-11-07---ユーロ圏成長予測は、欧州委員会によって急激に切られた。
2012-11-07---ダウ、ナスダック共に、1年ぶり下げ幅。CITI groupも急落。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。